【最終次元】

デッキの概要

 【通常モンスター】にて《次元の裂け目》《最終戦争》《次元融合》の3枚を使い、1ターンキルを行うデッキ

《次元の裂け目/Dimensional Fissure》
永続魔法
墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。
《最終戦争/Final Destiny》
通常魔法
手札を5枚捨てて発動する。
フィールド上に存在するカードを全て破壊する。
《次元融合/Dimension Fusion》
通常魔法(禁止カード)
2000ライフポイントを払う。
お互いに除外されたモンスターをそれぞれのフィールド上に可能な限り特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 できる限り余分な魔法・罠カードは採用せず、通常モンスターを多く採用したい。
 とはいえ【通常モンスター】を参考に、《ジャスティブレイク》等の除去カードを採用し、安定性は高めたい。

魔法・罠カードについて

戦術

 《次元の裂け目》発動した状態で《最終戦争》発動し、モンスター攻撃力の合計が8000以上になるように除外する。
 その後《最終戦争》リセットを行ったら、《次元融合》でそれらを帰還させる。
 あとは直接攻撃をしかけるだけである。
 なお、相手除外ゾーンが肥えるのを避けるため、《次元の裂け目》キーカードが揃うまで発動してはならない。
 《異次元からの埋葬》を採用し、相手除外ゾーンのモンスターを減らすのも手か。

デッキの弱点

 こちらの直接攻撃を防ぐ《冥府の使者ゴーズ》《クリボー》に注意。
 相手手札は無傷なので、1ターンキルに失敗して立て直されたら勝つ見込みはない。
 対策として、安定性は落ちるが攻撃力の高い最上級モンスターを何枚か投入する対策もある。
 《冥府の使者ゴーズ》トークン召喚されても1ターンキルまで持ち込める。
 攻撃力が低いモンスターから攻撃することは基本として、《冥府の使者ゴーズ》召喚されても必要ダメージまで到達するか気を配ると良い。

デッキの派生

【最終天使】

 《凡骨の意地》《光神テテュス》で代用する。
 《光神テテュス》ドローフェイズ以外でもドロー加速を行えるので、より素早くキーカードを集められる。
 また通常モンスターを採用する必要がないので、コンボが決まるまである程度戦闘をこなせる。

備考

代表的なカード

関連リンク

広告