【爆風ライザー】

デッキの概要

 名前のとおり、《風帝ライザー》《鳳翼の爆風》などを軸として相手ドローロックするロックコントロールデッキである。
 相手手札及びフィールドカードが固定化されやすく、「予想外の一手」を受けにくいのが強み。
 08/03/01制限改訂において《風帝ライザー》制限カードとなったため弱体化していたが、09/09/01制限解除により復活し、一定の強さを取り戻している。

《風帝ライザー/Raiza the Storm Monarch》
効果モンスター
星6/風属性/鳥獣族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。
《鳳翼の爆風/Phoenix Wing Wind Blast》
通常罠
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。
《振り出し/Back to Square One》
通常魔法
手札を1枚捨てる。
フィールド上のモンスター1体を持ち主のデッキの一番上に戻す。

デッキ構築に際して

 《鳳翼の爆風》《振り出し》の2枚は手札コストを必要とするため、手札補充カードを多めに投入する。
 例としていえば、ガジェットヴォルカニック《サンダー・ドラゴン》が採用される。

モンスターについて

 《ヴォルカニック・ロケット》手札コストを稼げる上に攻撃力も高いため、ほぼ必須と考えていいだろう。
 《ヴォルカニック・バレット》手札を補充できる上に《ブレイズ・キャノン》コストにできるため、3枚投入したい。
 《炎帝テスタロス》など炎族を増やし、《炎帝近衛兵》を採用するのも良いだろう。

 《E・HERO フォレストマン》を採用し、《融合》手札コストとして使いまわす手もある。
 効果の発動が多少遅い上に攻撃力も低いが、《増援》などでのサーチが容易で採用は十分検討できる。
 《融合》を使う場合、《モンスター・アイ》を用いる方法もある。

 《黄泉ガエル》《ダンディライオン》手札コストとして捨てても損をせず、《風帝ライザー》リリース要員として活躍できるため是非採用したい。
 また魔轟神手札コストとして使いやすい。

 《ファーニマル・ドッグ》《エッジインプ・シザー》サーチすれば、手札コストに活用できるだけでなく、墓地へ送った後に好きなタイミングで《風帝ライザー》リリースを用意できる。
 《エッジインプ・シザー》を自身の効果蘇生するには手札1枚をデッキトップ戻す必要があるが、その際《ヴォルカニック・バレット》デッキトップ戻し墓地《ヴォルカニック・バレット》効果サーチを行えばライフコストと引き換えにハンド・アドバンテージ回復しつつドローロックを解除できる。

 ドローロックを行えるカードとして《伝説の柔術家》も優秀である。
 相手攻撃を躊躇してくる場合は、《風帝ライザー》リリース要員として活用できる。
 その他の岩石族にもこのデッキと相性が良いものが多数存在する。
 このデッキ自体特殊召喚は稀なので、生ける《天罰》である《コアキメイル・ガーディアン》維持コストでありプレッシャーにもなる《N・グラン・モール》、生ける《王宮の弾圧》である《フォッシル・ダイナ パキケファロ》などが有力。

 他にもドローロックを行えるモンスターは、《ジャッカルの聖戦士》《有翼賢者ファルコス》《ミスティック・ソードマン LV6》《ストーム・サモナー》などが存在するが効果に制限があったりそもそも召喚が難しいモンスターなどが多い。
 レベル4で攻撃力1700の《有翼賢者ファルコス》が最も使いやすい。

魔法・罠カードについて

 《鳳翼の爆風》はもちろん3枚投入する。
 《振り出し》も投入したいが、魔法・罠カードバウンスできる《鳳翼の爆風》の方を優先しておきたい。

 また、《ヴォルカニック・ロケット》《E・HERO フォレストマン》を使うのであれば当然だが《ブレイズ・キャノン》《融合》も投入する。
 なお、どちらもサーチサルベージが可能なので、1枚ずつであっても特に問題にはならない。

 ガジェット《ヴォルカニック・バレット》《サンダー・ドラゴン》を投入するこのデッキに、《貪欲な壺》はとても相性がいい。
 豊富なハンド・アドバンテージを利用して【除去ガジェット】のように、除去カードを複数枚投入するのもよいが、今度は手札事故率があがってしまう。

 簡単な条件で手札を3枚確保できる《おジャマジック》を軸に【おジャマ】寄りのデッキにするのも面白いだろう。

このデッキの弱点

 「召喚する度にカード・アドバンテージを稼げる下級モンスター」を敵に回すと少々分が悪い。
 こちらから再利用を補助してしまうためである。
 あまり見る事はないが、《G・B・ハンター》に遭遇した場合は即座に戦闘破壊をしておきたい。

関連リンク

広告