アマゾネス/Amazoness

 黒魔導の覇者カテゴリ化された「アマゾネス」と名のついたカード群。
 全てのモンスター地属性で統一されており、《アマゾネスペット虎》《アマゾネスペット仔虎》以外は全て戦士族である。 

  • 海外版では多くの女性カードの肌の露出が規制されているが、このシリーズのモンスターはそのほとんどが特に修正されていない。
    「民族衣装の規制は差別に繋がる」という説もあるが、《アマゾネス女王》などは普通に修正されているため明確な理由は定かではない。
  • アマゾネスとは、正確には「アマゾン(Amazon)」と呼ばれる好戦的で勇猛果敢な女性だけの民族のこと。
    伝承によれば軍神アレスとニンフのハルモニアを祖先とし、当時は未開の地だった黒海沿岸(小アジア北東部)に住んでいたとされている。
    • 弓による狩猟を生業としていた彼女達は「弓を引くのに邪魔な右の乳房を切除するという慣わしがある」という逸話が残っている。
      ちなみに「アマゾン」という言葉はギリシア語で「乳なし」という意味であり、これを由来とする説が有力である。
  • アニメGXでは、セブンスターズの一人であるタニヤが使用しており、様々なオリジナルのサポートカードが登場した。
    《アマゾネスの魅了(チャーム)》・《アマゾネスの死闘場》・《アマゾネスの口寄せ》・《アマゾネスの調教師》は「アマゾネス」の名を持つ魔法カードである。
    しかし「アマゾネス」に関する効果を持つのは罠カード《一族のプライド》のみで、上記の4枚には直接関連する効果はなかった。
  • アニメARC-Vでは、融合次元のグロリア・グレースのタイラー姉妹が使用する。
    また、融合モンスター《アマゾネスペット虎獅子(ライガー)》、サポートカード永続魔法《アマゾネスの魔鏡》、通常罠《アマゾネスの身代わり》、永続罠《アマゾネス拝謁の間》・《アマゾネスの秘湯》・《アマゾネスの呪鏡》が登場している。
  • アニメ3作品に渡りメインで使用されたカテゴリは珍しく、他には忍者が存在する。

関連リンク

―「アマゾネス」と名のついたモンスター
 ※は「アマゾネス」に関する効果を持つモンスター

―「アマゾネス」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「アマゾネス」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「アマゾネス」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告