アルカナフォース/Arcana Force

 LIGHT OF DESTRUCTIONカテゴリ化した「アルカナフォース」と名のついたモンスター群
 属するモンスターは全て光属性天使族で構成されており、全てのモンスターが共通して以下の効果を持っている。

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を得る。
●表:(得られる効果)
●裏:(得られる効果)

 誘発効果強制効果であり、ほとんどのモンスターコイントスが表の時にメリット効果、裏の時にデメリット効果を得る。
 例外的に、裏の時の方がメリットであったり、表でも裏でも何らかのメリット効果を得るものがいくつか存在している。
 なお、通常召喚できない《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》は「特殊召喚に成功した時」と書かれている。

  • 「アルカナ(arcana)」とは、ラテン語で「秘密」「神秘」などを意味する「arcanum」の複数形で、タロット占いのカードのことを指す。
    「アルカナフォースEX」の2体を除く全てのアルカナフォースのモンスターは、タロットにおける大アルカナがカード名の元ネタとなっている。
  • タロットカードは正位置(上下の向きが正しい状態)・逆位置(上下逆さまの状態)で意味が変わってくるとされる。
    正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたものである。
    原則として、正位置の意味はカードの善・陽の部分(例:戦車・前進)、逆位置の意味は悪・陰の部分(例:戦車・暴走)として解釈がなされる。
    基本的にタロットカードの裏面は上下対称になっており、正位置・逆位置はそれらを上下もランダムに混ぜた上での結果として決定される。
    但し、例外的な作法として「逆理」と呼ばれるものも存在する。
    これは、カードが正位置で出ていても、占い手の悪い予感を優先して逆位置の意味を適用するものである。
番号タロット名アルカナフォース名その他
愚者《アルカナフォース0−THE FOOL》《愚者の種蒔き》
魔術師《アルカナフォースI−THE MAGICIAN》《魔術師の天秤》
女教皇(THE HIGH PRIESTESS)
女帝《アルカナフォースIII−THE EMPRESS》
皇帝《アルカナフォースIV−THE EMPEROR》
法王(THE HIEROPHANT)《法皇の錫杖》
恋人達《アルカナフォースVI−THE LOVERS》
戦車《アルカナフォースVII−THE CHARIOT》
《アルカナフォースVIII_STRENGTH》
隠者(THE HERMIT)
10運命の輪(WHEEL OF FORTUNE)《逆転する運命》
11正義(JUSTICE)
12吊るされた男《アルカナフォースXII_THE HANGED MAN》
13死神(DEATH)《死神の巡遊》
14節制《アルカナフォースXIV−TEMPERANCE》
15悪魔《アルカナフォースXV_THE DEVIL》
16塔(THE TOWER)
17星(THE STAR)
18《アルカナフォースXVIII−THE MOON》
19太陽(THE SUN)
20審判(JUDGEMENT)
21世界《アルカナフォースXXI−THE WORLD》
  • このカテゴリ以外で「アルカナ」と名のつくカード《アルカナ ナイトジョーカー》が存在しているが、こちらはトランプをモチーフとしている。
    トランプとタロットカードは起源を同じくすると言われているので、元ネタは無関係というわけではないが、OCG上では当然無関係である。
  • 後に登場した魔導は、同じくタロットの大アルカナをモチーフとするカテゴリである。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの第2期から登場した斎王琢磨の使用するカード群。
    アニメではカードのビジョンが回転し、それに相手がストップの掛け声をかけることで回転を停止・効果を得る描写がなされた。
    ただ、カードテキストには「コイントス」の文字が確認できる。
    回転停止時に「正位置(正しい向き)」ならば表の効果を、反対に「逆位置(上下逆さ)」ならば裏の効果を得ていた。
    斎王には運命を見通す力があり、彼の名台詞である「当然正位置だ!」が示す通り常に狙った側の効果を使用していた。
    第4期では斎王の運命を見通す力が消失していたため、《アルカナフォース0−THE FOOL》(アニメ版)の効果を用いて効果の正逆を操っている。
  • アニメではOCG化されていないモンスターとして《アルカナフォースVIII_STRENGTH》・《アルカナフォースXII_THE HANGED MAN》・《アルカナフォースXV_THE DEVIL》、専用サポートカードとして通常魔法《魔術師の天秤》・《アルカナティック・デスサイス》・《運命の予見》、装備魔法《リバース・リボーン》、永続魔法《愚者の種蒔き》などが登場している。
  • アニメで登場したアルカナフォースは数字と名前を繋ぐ記号が全て《H−ヒートハート》系と同じように_(アンダーバー)だったのだが、OCGでは全て−(ハイフン)に変更されている。
  • 原作では、カードの起源であるタロットカードに触れたエピソードがあり、文庫版では登場人物に合わせたタロットカードが1巻に1枚封入されていた。
  • アニメ5D'sにおいてZ-ONEが使用した通常罠《愚者の裁定》・《魔術師の至言》・《女教皇の錫杖》・《女帝の冠》、永続罠《虚無械アイン》は上記の大アルカナがモデルとなっている。
    タロットは神秘思想のカバラによる様々な解釈を経て生命の樹(セフィロトの樹)と関連付けられた。
    また、Z-ONEは生命の樹をモデルとした《時械神メタイオン》《究極時械神セフィロン》を使用しているため、元ネタとしては間違いないだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 2では、当時OCG化されていなかったアニメに登場したアルカナフォースのうち、6枚のアルカナフォースがゲームオリジナルカードとして収録されている。
    ゲームにおいてはモンスター効果の発動が「召喚に成功した時」に限られており、OCG化に際して強化されたと言える。
    TAG FORCE 3以降ではOCGと同じものとなり、ゲームオリジナルカードの《アルカナフォースXII−THE HANGED MAN》・《アルカナフォースVIII−STRENGTH》も反転召喚特殊召喚に対応するようになった。
    他にもアルカナフォースをサポートする《ザ・マテリアル・ロード》・《ザ・スピリチアル・ロード》・《ザ・ヘブンズ・ロード》などのゲームオリジナルカードが収録されている。
  • ゲームでもアニメ同様、コイントスの代わりにカードが回転する演出が行われるが、《セカンド・チャンス》は使用できる。
    なお、ゲーム中にアルカナフォースを使う斎王は、高確率で自分が有利になる方の効果を出す。
    確率1/2というコイントスの常識からは考えられない設定であるが、彼の持つ運命を見通す力をよく再現していると言える。

関連リンク

―「アルカナフォース」と名のついたモンスター
 ※は「アルカナフォース」に関する効果を持つモンスター

―「アルカナフォース」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

FAQ

Q:コイントスする効果の種別は何ですか?
A:誘発効果です。(08/02/25)

Q:《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》コイントスを行う誘発効果効果解決時に、自身がフィールド上に表側表示で存在しない場合、効果処理は行われますか?
A:このカード効果解決時フィールド上に表側表示で存在しない場合、この効果適用されずコイントスも行いません。(08/01/07)

Q:アルカナフォースがコイントスの裏表の効果を得ている時に、そのモンスター効果《禁じられた聖杯》効果無効になりコイントスで得ていた効果を失い、その後《禁じられた聖杯》効果適用されなくなった場合、コイントスで得ていた効果を再び得る事ができますか?
A:はい、その場合コイントスで得ていた効果が再び適用されます。(16/09/22)

広告