エンドカード

 デュエルのとどめ、詰めの場面で使用する(使用した)カードのこと。
 もしくは単純に、そのデュエルの決まり手となったカードのことを指す。

 「フィニッシャー」とほとんど同義の言葉だが、フィニッシャーは(戦闘を行う)モンスターカードに対して使われることが多い。

 「とどめ」の例としては、《マジカル・エクスプロージョン》等のバーンカードや、デッキ破壊の仕上げ役たる《手札抹殺》等が挙げられる。
 「詰め」の例としては、場のモンスターの数を増やす《死者蘇生》《異次元からの帰還》相手の妨害を封じる《トラップ・スタン》、反撃を阻止する《魔法の筒》や各種コンバットトリックなど、勝利の決定打となるカードが挙げられる。
 《火之迦具土》《氷霊神ムーラングレイス》《マインドクラッシュ》等の手札破壊カードは、この2種を合わせた性質を持っていると言えるだろう。
 多くのデッキに採用できる縛りの無いシンクロモンスターエクシーズモンスターバーン効果を持っているとエンドカードになりやすく、エラッタ前の《ダーク・ダイブ・ボンバー》《ガガガガンマン》等がその例にあたる。
 禁止カードに目を向けてみると、相手を封殺する《大寒波》がその筆頭として浮かんでくる。

 その他、【コスモロック】における《宇宙の収縮》や、【トランス】における《サイバー・ブレイダー》など、強力な介入力を持つロックコントロールカードもある意味でのエンドカードであると言えよう。

関連リンク

広告