スタンダード/Standard

 「標準」を意味し、遊戯王OCGにおいては主にデッキのタイプを称する時に使われる用語。
 定義としては曖昧な所もあるが、主に以下の2つの意味で使われる。

  1. 環境のスタンダードである「主流デッキ
  2. デッキのスタンダードである「ビートダウン

 1つ目は環境から見た標準のデッキであり、メタの中核となりうるデッキのことである。
 2つ目は、デッキタイプから見た標準のデッキであり、オーソドックスな戦い方をするデッキのことである。
 また、初期から第3期後半頃まではビートダウンという言葉が余り浸透しておらず、今のビートダウンのことをスタンダードと呼んでいた。

  • 環境のスタンダードである「主流デッキ」の場合その性質上、頻繁に見かけるタイプのデッキである。
    大会で結果を残したレシピが出回ることで、結果として「在り来たりで個性がない」デッキにもなりうる。
    特にメタの中心になるような確立されたデッキは、完成されたレシピが存在するために遊びの部分は非常に少ない。
    無理に「個性」を出そうとして弄れば、改悪となって弱体化してしまう場合も考えられる。
  • 上記のことを背景にして「スタンダード」デッキを嫌うプレイヤーも存在する。
    「強さ」もデッキの魅力のうちであるが、「遊び」の部分も大事な要素であると言えよう。
    ガチデッキファンデッキのページも参照。)
  • 愛用しているデッキを「マイスタンダード」と呼ぶ人もいたが、殆ど聞くことがなくなった。
    現在では、カード名や自分の名前、ハンドルネームを付けた「○○スタンダード」という名称のデッキが見られる事がある。
  • Vジャンプ2008年10月号『「遊戯王OCG」10周年特別企画特大アンケート!!』の「好きなデッキタイプ」の質問の選択肢の中に、「スタンダードタイプ」というのがある。
    これはビートダウンに書き換えられるデッキタイプのことであると推察される。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMオリジナルとなる「KCグランプリ編」に登場したデュエルコンピューターが、最高レベルの時に当時の主流カードを多く採用した【スタンダード】を使用。
    しかし、何故か《格闘戦士アルティメーター》等の使い勝手の悪いカードも一部採用されている。
    作中世界のあらゆるデュエリストのデータを採用したとのことなので、バトルシティベスト4に残った城之内が使用したカードも採用されていたのだろうか。
  • OCGの意味合いとは異なるが、アニメARC-Vの舞台である舞網市が存在する次元を作中では全ての基礎となり、中心の世界として「スタンダード次元」と称している。

関連リンク

広告