デュエルの勝利条件/Victory Condition

 相手ライフポイントを先に0にすれば勝利となりますが、その他の条件によってデュエルの勝敗が決まる場合もあります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


  • 不正行為に対して「デュエルの敗北」等の罰則が与えられる事でデュエルの勝敗が決まる場合もあり、俗に「ジャッジキル」と呼ばれる。
    意図してジャッジキルによる勝利を狙う行為は公認大会規定に反するため、デュエルの勝利条件には通常含まない。
    またこのような行為をしたプレイヤーは場合によっては罰則を受ける事もある。
  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」では「壁モンスターを出せないプレイヤーは敗北する」というルールがあった。
    また、アニメDMにおける「乃亜編」では、デッキマスターが破壊されると敗北、という特殊なルールのデュエルが行われた。
  • アニメ5D'sのWRGPの予選では、通常の勝利条件に加え、一方のフィールド魔法《スピード・ワールド2》のスピードカウンターが12個、もう一方のスピードカウンターが0個の場合にスピードカウンターが多い方が周回差をつけた場合、その時点でスピードカウンターが多い方が勝利となる勝利条件が追加されている。
    さらに漫画5D'sで描かれるライディングデュエルには「相手より先にゴールする」「相手のD・ホイールが走行不能となる(させる)」という、モータースポーツを意識した勝利条件も追加されている。
  • アニメZEXALでは「凌牙vsIV(フォー)」戦において、IVが前述の意図的なジャッジキルを達成する事で勝利している。

関連リンク

FAQ

Q:自分だけがライフポイントが0になる状態で《火炎地獄》発動する、自分だけがカードドローできなくなる状態で《メタモルポット》リバースする等し、自分で意図的に敗北する事は可能ですか?
A:はい、可能です。(12/04/04)

Q:お互いライフポイントが0になる状態で《火炎地獄》発動する、お互いカードドローできなくなる状態で《メタモルポット》リバースする等し、自分で意図的に引き分けにする事は可能ですか?
A:はい、可能です。(12/04/04)

Q:お互いフィールド上におジャマトークンが存在しており、お互いライフポイントが300以下です。
  《ブラック・ホール》などの効果でこれらが同時に破壊された場合、ターンプレイヤーの敗北となりますか?
A:その場合、お互いが同時にダメージを受けるため、引き分けとなります。(13/04/06)

広告