ハンド・アドバンテージ/Hand Advantage

 手札として持っているカードについてのアドバンテージ(優位性)。
 「手札を多く持っているプレイヤーが有利」とする考えに基づくTCG用語。

  • 「これから出すことのできるカード」を多く所有している点で優位と言える。
    カードの多さはこれから撃てる手数の多さに比例するため、多い方が有利である。
    手札が少なければ、フィールドに戦力を供給することができず不利となるだろう。
  • どれだけ手札を持っていても、実際に使えないのでは意味がない。
    手札事故が起きたり、カード腐ってしまった場合、実際は不利である。
    ただし、ブラフとして機能することもあるため、手札は多いに越したことはない。

関連リンク

広告