閃刀姫(せんとうき)/Sky Striker Ace

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズカテゴリ化された「閃刀姫」と名のついたモンスター群。
 属するモンスター攻撃力は全て1500であり、メインデッキに入るモンスター戦士族リンクモンスター機械族で統一されている。

  • 《閃刀機関−マルチロール》などの存在から、カテゴリ名の由来の1つは「戦闘機」だと思われる。
    また、リンクモンスターの閃刀姫モンスターは、おおむね自身の属性と関連性のあるカード名になっているのも特徴である。
    • 「閃刀姫−」を逆にしてハイフンを「(いち)」と読めば「一姫刀閃(いっきとうせん)」すなわち「一騎当千」と読める。
      【閃刀姫】のコンセプトを見るに、偶然ではなく意図的なものだろう。
      • ちなみに「一騎当千」(または「一人当千」)とは「一騎単体で千人の敵をも相手にできるほど強い」という故事成語である。
        この言葉の通り、このカテゴリ環境主流デッキで活躍した実績を持つ。
  • Vジャンプ(2018年4月号)によると、新型兵器「閃刀機」を操る女性ということで「閃刀姫」と呼ぶ。
    現在、「閃刀姫」に該当する少女はレイロゼの2人が確認されている。
  • レイ」は「0」の日本語読みであり、彼女の戦闘形態はいずれも日本語読みの名前を持つ。
    一方、「ロゼ」は「0」の英語読みの逆であり、フランス語での「rose」ともかかっていると思われる。
    《閃刀姫−レイ》のモチーフが零戦である事、「ジーク」が連合国側が用いた言葉である事も踏まえると、恐らくは第二次世界大戦における「枢軸国vs連合国」が背景ストーリーの元ネタであろう。
    レイが所属する勢力が枢軸国(日本・ドイツ・イタリア)であり、ロゼが所属する勢力が連合国(アメリカ・イギリス・フランス)である。

関連リンク

―「閃刀姫」と名のついたモンスター
 ※は「閃刀姫」に関する効果を持つモンスター

―「閃刀姫」に関する効果を持つカード

―「閃刀姫」を素材に指定するモンスター

―その他のリンク

広告