非公開情報

 公開情報ではなく、相手プレイヤーが確認できない情報の通称。
 具体的には、以下の情報が該当する。
 これらのカードの表面を相手プレイヤーは確認することができない。

 また、デッキカードの"並び順"は自分にとっても非公開情報である。
 (サーチ等で覗いた後には必ずシャッフルしなくてはいけない)

 なお以下の情報は公開情報である。

非公開情報が効果処理に関わる場合について

 遊戯王OCGには、相手の非公開情報を確認しないと効果処理が正確に行われているか判断できない場合がある。
 例えば《マインドクラッシュ》は「カード名を1つ宣言し、そのカード相手手札にある場合、相手はそのカードを全て墓地捨てる効果を持つ。
 しかし、相手が「宣言したカード手札にない」と回答した場合、その回答の真偽は非公開情報である相手手札を誰かが確認しなければ判断できない。

 この様な事態が生じた場合の処理について、遊戯王OCG事務局は以下の様に回答している。

  1. どう処理するかを定めたルールはない。
  2. どのように処理を行うかは、プレイヤー同士で相談して決めて欲しい。
  3. プレイヤー同士で解決できない場合は、審判の判断を仰ぐこと。

 また、審判に判断を仰いだ場合、おおむね以下のどちらかの判断がくだされる事が多い。

  • 非公開情報を審判などの第三者が確認する。
  • 非公開情報を公開し、対戦相手に確認させる。

 当然ながら、非公開情報を有する側は相手に与える情報アドバンテージが最小で済む前者、その対戦相手は後者の処理の方が有利である。
 これを相談で決めようとすると、互いに自分に有利な処理を主張し平行線を辿る可能性が高いため、大会等ではまず審判を呼んで処理方法を尋ねたほうが良いだろう。
 大会で非公開情報が関わる可能性の高いカードを使用する場合、予め審判に処理方法を確認しておくのが望ましい。
 審判の存在しないフリーデュエルにおいても、問題が発生してからトラブルにならないよう予め処理方法を決めておいたほうが良い。
 ショップによってはフロアルールとして定められている場合もある。

 相手に確認できない情報だからといって、意図的に不正を行うのは当然競技者にあるまじき行為である。
 しかし相手を極端に信用せず、頻繁に審判を呼び確認を求めるのもまた紳士的な行為とは言えない。
 公認大会規定にも、審判により罰則を与えられうる行為の例として「必要以上に疑う等の威圧的な行為」が挙げられている。
 互いに譲り合いの精神を持ち、円滑にデュエルすることを心がけたい。

―非公開情報が効果処理に関わるカードの例
 非公開情報が問題となる主なパターンは、以下の4つである。
 特にパターン1と2は発生率が高いため、該当するカードを使用する場合は注意したい。
 パターン3・4は発生率こそ低いものの、非公開領域が関わるカードならば極めて広範なカードで発生しうる。

―以前の裁定について
 長らくOCGでは「非公開情報が効果処理に関わる場合、相手が非公開情報の公開を求めたならば応じなくてはならない」という裁定が出ていた。
 2016年6月、《天声の服従》についての質問の中で裁定変更が明らかになり、この件について遊戯王OCG事務局は公式な処理方法を定めないという現行の形となった。
 それまで確実にピーピングできていた《マインドクラッシュ》等は弱体化し、逆に《伝説の白石》などは運用時のリスクが軽減された事になる。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画・アニメのルールではOCGに比べ非公開情報の範囲が広い。(公開情報のページも参照)
    この点を戦術や戦略に利用する者もおり、例えば原作・アニメDMの闇マリクは《ラーの翼神竜》効果相手が知らないという点をフルに活かしてデュエルを有利に進めている。
    アニメGXのダークネスは、《ダークネス》効果により確認できない伏せカードを《ダークネス・アイ》のモンスター効果を使用して確認している。
    しかし、モンスター効果の使用を明言していなかったためユベルに見破られるまで対戦相手の十代は百発百中で当てられることに驚き翻弄されていた。
    アニメ5D'sの鬼柳は、既に効果が明らかにされていた《インフェルニティ・デス・ガンマン》を強調する事で、同時に発動していた《インフェルニティ・クライマー》の効果に注目させない様にさり気なく誘導している。
    これにより対戦相手のロットンはデッキトップカードを読み違え、《インフェルニティ・デス・ガンマン》の効果で敗北している。
  • これらの戦術はルール違反では無いにせよ、劇中でもあまり良い行動とは思われていないようである。
    舞は元々の持ち主しか効果がわからない《ラーの翼神竜》の仕様について不満を述べており、ユベルダークネスに対し「セコイ手を使う」と批判している。

リンク

広告