墓地融合

 墓地融合素材モンスターを使用して、融合モンスター融合召喚する方法。
 墓地融合素材除外して行うものが基本だが、除外ではなくデッキ戻すものも存在する。
 また、自身が融合召喚する効果を持つわけではないが、他のカード融合召喚を行う際に墓地カード融合素材に使うことができるカードも存在する。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXでは多数のバリエーションに富んだ融合召喚が行われたため、OCG化されたものも含め多くの墓地融合カードが登場した。
    一方「覇王十代vsジム」戦で十代が《超融合》発動した際、オブライエンは「覇王のフィールドにも手札にも融合素材がいない」と墓地融合の存在を完全に失念していた。
    また、速攻魔法《スクラップ・フュージョン》や通常魔法《化石融合−フォッシル・フュージョン》といった、相手墓地カード融合素材にできるカードも登場している。
    再び融合召喚が主要戦術の1つとなったアニメARC-Vでは、零児・素良・真澄など、複数のキャラクターが行っており、特に零児は多用している。
    アニメVRAINSでは遊作/Playmakerが《クロック・リザード》を利用して行っている。
  • 墓地がある程度肥えたデュエル中盤から終盤にかけて多く行われているため、この方法で融合召喚されるモンスターの多くは、そのキャラクターにとってのエースや切り札であることが多い。

関連リンク

―墓地融合を行えるカードは以下を参照

―他のカード融合召喚を行う際に墓地カード融合素材に使うことができるカード

―その他のリンク

広告