未界域(みかいいき)/Danger!

 EXTRA PACK 2019カテゴリ化される「未界域」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て闇属性で統一されており、以下の共通する効果を持つ。

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「(同名カード)」以外だった場合、
さらに手札から「(同名カード)」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
(固有効果)。

 自分手札に対してハンデスを行うという効果が特徴。
 捨てたカードが、効果発動した「未界域」及びその同名カード以外であれば、手札からそれを特殊召喚した上で1枚ドローできる。
 捨てられた「未界域」も、捨てられることでそれぞれ固有の効果発動できる。
 これらの効果を駆使してアドバンテージを稼いでいくのが基本的な戦い方となる。

  • 日本未登場ながら、Vジャンプ2018年10月号の定期購読特典ペーパーで海外先行カードの例としてこのカテゴリが紹介された。
    《手札抹殺》などの手札捨てる効果を持つカードと組み合わせることで積極的に動ける点が紹介され、来日は2019年だろうと記載されている。
    そして実際にEXTRA PACK 2019で来日となった。
    この際、公式サイトの紹介では『海外で大人気のテーマ「未界域」がついに日本上陸!』と海外でおおいに使われた点に触れている。
  • このカテゴリのモチーフは、「未確認生物」や、世界各地でみられる「都市伝説」で発祥した生物が主となる。
    「未確認生物」とは、伝承や目撃証言等でその存在を謳われながら、実在が確認されていない生物群の俗称である。
    「都市伝説」とは、都市化がすすんだ現在で、特定の場所・環境にかぎられた、目撃例が特定数ある出処が不明な口伝えの噂話の総称である。
    日本では「未確認生物」を「Unidentified Mysterious Animal」の頭文字をとって「UMA」と呼ぶことが多いが、これは和製英語なので海外では一切通じない。
  • 日本語カード名の「未界域」は、「未知」・「未開の地」と「界域」を合わせた造語だと考えられる。
    「未知」は未だに確認されていない、「未開の地」が「人の手が及んでいない地域」なのに対し、「未界域」は「世界として認識されていない=土地そのものが知られていない」と読み取れる。
    転じて、未界域モンスターが「未だに発見されていない土地の未確認生物」となるのであろう。
  • 属するモンスターイラストでは基本的に、調査団と思われる人間たちがその「Danger!」モンスターに襲われている様子が描かれている。
    このイラストを見るに「!」までカテゴリ名に含まれているのは「危険なモンスターに遭遇した!」という緊迫した状況を表現する意味合いもあるのだと思われる。
  • 英語名では「Danger!?」と?マークがついているモンスターもいる。
    それらは一見すると他のモンスターのような凶暴性等が見られない可愛らしい見た目をしており、調査員が襲われているわけでもないため、「Danger(危険)」と言うには疑問符が付くからだろうか。
    なお、日本語におけるカード名についてはそのような区別はなされていない。

関連リンク

―「未界域」と名のついたモンスター
 ※は「未界域」に関する効果を持つモンスター

―「未界域」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「未界域」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告