Secret

 カードのレアリティにおいて「シークレットレアカード」を指す。
 カード名は特殊な箔押し加工(ダイヤモンドカット箔)で、絵柄部分は格子状のホイル加工となっている。
 略号は「SE」。
 初登場はOCG第1期のVol.3

 通常パックでは、第4期から第9期のネクスト・チャレンジャーズまでは収録されない状況が続いていたが、ザ・シークレット・オブ・エボリューションからSuperUltraのレアリティ違いとしてこの仕様が復活している。
 封入率はUltimateと同じく1箱に1枚だが、該当するカードが16種もあるため、狙ったシークレットレアカードを入手できる確率はかなり低い。
 DUEL TERMINALでは、第3弾からウルトラレアレアリティ違いとして登場している。
 封入率は第14弾までは「1BOX(200枚)に1枚」、クロニクルIからは「1BOXに2枚」と極めて低く、プレイ料金の高さも相まってシングル価格は高騰しがちであった。
 また、「ブースターSP」シリーズでも収録されているが、こちらはSuperUltraレアリティ違いではなく、シークレットレア専用のカードが設定されている。
 そのほか、PREMIUM PACKV JUMP EDITION等の限定パックのカードもこの仕様となることが多かった。

 PRIMAL ORIGIN以降のアジア版では、アルティメットレアコレクターズレアの代わりにこの仕様が封入されている。
 カード名の箔押しには、ダイヤモンドカット箔とは少々異なるものが使用されている。

  • 中には格子状のホイル加工が非常に濃くカード全体に施されているエラーカードも存在している。
    これらは俗に「プラチナレア」と呼ばれコレクターの間で高く取引されているが、偽物も出回っているため購入の際には注意したい。
  • 海外版において―
    絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となり、カード名もダイヤモンドカット箔ではない。
    国内版と海外版で明確に仕様が異なる唯一のレアリティである。
    (海外版でもゲームの特典カード等、一部の限定カードに関しては国内版と同じ仕様のものが過去に存在し、「Prismatic Secret Rare (プリズム状シークレットレア)」と呼ばれている。)
    ただし韓国版ではPREMIUM PACK Vol.6以降、絵柄の部分が国内版と同じ仕様のものに変更されている。
  • 海外版では第4期以降一時廃止されたが、Strike of Neosから復活した。
  • 国内版でも、EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−以降のEXTRA PACKシリーズに収録されるシークレット仕様のカードは海外版と同じく絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となっている。(カード名はダイヤモンドカット箔が使用されている)

ゴールドシークレットレア

 GOLD SERIES 2013から新たに登場した仕様。
 加工の仕方はシークレットレアと同じだが、ホイルの仕様はゴールドレアと同じなので、光り方が七色でなく、やや暗めなのが特徴。
 また、枠とレベルの部分にも格子状のホイルが見えるので、どちらかというと光り方はパラレル仕様に近い。
 公式データベースでの略号はGS。

  • GOLD SERIES 20132014ともに1箱に1枚前後の確率で封入されている。
    GOLD PACK 2016では、1パックに1枚必ず封入されるようになった。

エクストラシークレットレア

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−から新たに登場した仕様。
 通常モンスター効果モンスターエクシーズモンスターテキスト欄を除く全面に、シンクロモンスター属性レベルイラスト・イラスト枠・テキスト欄の枠・カードの縁に、ペンデュラムモンスターテキスト欄2つとペンデュラムスケール欄を除く全面と青と赤のペンデュラムスケールのマークにホイル加工が施されており、加工の仕方は通常のシークレットレアと同じだが、ホイルの仕様が七色の斜線状になっている。
 公式データベースでの略号はES。

20th(トゥエンティース)シークレットレア

 CYBERNETIC HORIZONから新たに登場した仕様。
 エクストラシークレットレアと類似した加工に加え、カード名V JUMP EDITIONで見られた赤文字であり、テキスト欄中央にはOCG20周年のロゴが薄く見られる。
 公式データベースでの略号は20th SE。

関連リンク

広告