Secret

 カードのレアリティにおいて「シークレットレアカード」を指す。
 カード名は特殊な箔押し加工(ダイヤモンドカット箔)で、絵柄部分は格子状のホイル仕様となっている。
 略称は「シクレア」。
 初登場はOCG第1期のVol.3

 第4期から第9期のネクスト・チャレンジャーズまで、一部の再販パックを除くレギュラーパックでは封入が廃止されており、かわりにPREMIUM PACKV JUMP EDITION等の限定商品がこの仕様となることが多かった。
 DUEL TERMINALでは、第3弾からウルトラレアのバージョン違いとして登場。
 封入率は第14弾までは「1BOX(200枚)に1枚」、クロニクルIからは「1BOXに2枚」と極めて低く、プレイ料金の高さも相まってシングル価格は高騰しがち。

 海外版では第4期以降一時廃止されたが、Strike of Neosから復活した。
 封入率はThe Shining Darknessまでは31パックに1枚、Duelist Revolutionからは23パックに1枚と非常に低い。
 また、Light of Destructionまでは1つのパックにつき10種類前後が、The Duelist Genesisからは8種類が存在するため、狙ったカードを当てるのは困難。
 人気のパワーカードドローソースがこのレアリティに設定されやすいこともあり、近年ではTin等で再録される例も増えているとは言え、露骨な商法として批判の声は絶えない。

 PRIMAL ORIGIN以降のアジア版では、アルティメットレアコレクターズレアの代わりにこの仕様が封入されている。
 カード名の箔押しには、ダイヤモンドカット箔とは少々異なるものが使用されている。

  • 海外版では絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となり、カード名もダイヤモンドカット箔ではない。
    国内版と海外版で明確に仕様が異なる唯一のレアリティである。
    (海外版でもゲームの特典カード等、一部の限定カードに関しては国内版と同じ仕様のものが過去に存在し、「Prismatic Secret Rare (プリズム状シークレットレア)」と呼ばれている。)
    ただし韓国版ではPREMIUM PACK Vol.6以降、絵柄の部分が国内版と同じ仕様のものに変更されている。
    また、国内版でも、EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−に収録されるシークレット仕様のカードは絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となっている。(カード名はダイヤモンドカット箔が使用されている。)
  • GOLD SERIES 2013から新たにゴールドシークレットレア仕様が登場した。
    加工の仕方はシークレットレアと同じだが、ホイルの仕様はゴールドレアと同じなので、光り方が七色でなく、やや暗めなのが特徴。
    また、枠とレベルの部分にも格子状のホイルが見えるので、どちらかというと光り方はパラレルレアに近い。
    GOLD SERIES 20132014ともに1箱に1枚前後の確率で封入されている。
    GOLD PACK 2016では、1パックに1枚必ず封入されるようになった。
  • 海外のデュエリストリーグ賞品には、「ダークブルーレア(通称:青シークレット)」と呼ばれる特別仕様のカードが存在する。
    このレアはシークレット加工はされていないが、カード名が青色になっているのが特徴。
    希少価値が高く、日本では流通が少ないこともあって高額で取引されている。
    • ちなみに、アニメGXではD−HEROの名前の部分は青色でプリントされていたが、残念ながらダークブルーレア仕様のD−HEROはいまだ存在していない。

関連リンク

広告