これらのキーワードがハイライトされています:ジェット

ジェット・シンクロン/Jet Synchron》

チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/機械族/攻 500/守   0
「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−で登場した炎属性機械族下級モンスターチューナー
 自身がシンクロ素材となった場合にジャンクサーチする誘発効果手札コスト1枚で自己再生する起動効果を持つ。

 (1)の効果は、自身がシンクロ素材として墓地へ送られた場合にジャンクモンスター1体をサーチする効果
 このカード自身がレベル1のチューナーであるため、シンクロ素材として扱いやすく容易にモンスター効果の発動が狙える。
 サーチするジャンクは選択肢は少なく、【ジャンクドッペル】キーカードである《ジャンク・シンクロン》が優先される。
 その他のジャンクとしては、自己特殊召喚効果を持つ《ジャンク・サーバント》が挙げられる。

 (2)の効果は、手札1枚を墓地へ送ることで墓地のこのカード特殊召喚する効果
 類似する効果を持つ《ゾンビキャリア》と比較すると、ドローが固定されず、手札コスト墓地アドバンテージとして活用できる点は扱いやすい。
 このカード《ロード・ウォリアー》などからリクルートされた後は(1)の効果と使い分けが可能。
 また、(2)の効果自己再生してもエクシーズ素材に使用すれば除外されないので、《金華猫》で毎ターンランク1のエクシーズ召喚が可能となる。
 《アクセル・シンクロン》を出した後、その効果墓地へ送る対象としても優先しやすく、自己再生して連続シンクロ召喚につなげられる。
 手札コスト《ダンディライオン》を捨てたり、《アクセル・シンクロン》シンクロ素材《ドッペル・ウォリアー》などを使っていれば《フォーミュラ・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》が並び、2枚ドローからさらなるシンクロ召喚も可能。

 総じて2つのメリット効果を持つため、《ジャンク・シンクロン》を主軸に連続シンクロ召喚を行う【ジャンクドッペル】では活躍する。
 ジャンクモンスターを投入しないデッキでも、(2)の蘇生効果シンクロ召喚を狙えるため、採用が見込まれる。
 《機械複製術》特殊召喚できるため、低レベル機械族モンスターを採用するデッキでも、無理なくシンクロ召喚のギミックを取り入れられる。

 弱点としては、《連鎖除外》で根こそぎ除外される点が挙げられる。
 また、2つの効果を同一ターンには使用できないので、シンクロ素材にしてジャンクサーチした後、すぐ蘇生という流れは作れない。
 【ジャンクドッペル】では光属性闇属性を重要視するが、このカード炎属性である上に(2)の効果除外されるため、カオスモンスター墓地コストには使用できない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: ジェット・シンクロン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 炎属性 機械族 攻500 守0 シンクロン

広告