これらのキーワードがハイライトされています:ミラクル

ミラクル・フュージョン/Miracle Fusion》

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、
「E・HERO」融合モンスターカードによって決められた
 融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体を
 エクストラデッキから融合召喚する。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常魔法
 フィールド墓地から融合素材除外し、E・HERO融合モンスター融合召喚をする効果を持つ。

 墓地モンスター融合素材に利用でき、墓地さえ肥えていればこのカード手札一枚でE・HERO融合モンスター融合召喚できる。
 融合軸の【E・HERO】を使う際はその手札効率の良さから、《融合》以上に重要な必須カードとなる。
 また、融合モンスターへの依存度が低い【E・HEROビート】にもこのカードは無理なく採用でき、融合召喚の戦術を組み込める。

 発動条件を満たすために、自分E・HEROを積極的に墓地へ送るようにしたい。
 《沼地の魔神王》を使えば、発動条件をすぐに満たす事もできる。
 《融合》と違い手札モンスター融合素材にできないため、併用するのが基本となるだろう。
 墓地に送った融合素材一組を除外して墓地融合することで、同じ融合モンスターを2体並べることもできる。

 さらに、このカードの効果除外した融合素材《平行世界融合》による融合召喚にも利用することができる。
 《平行世界融合》が使えない時は、《E・HERO エリクシーラー》融合召喚すれば除外した融合素材デッキに戻して再利用できる。
 《E・HERO ボルテック》除外した融合素材を戻すこともできる。

  • 2009年12月分のVジャンプでは、収録されているパックがEE3と書かれていた。
  • 初登場時の十代の台詞はテキストの丸読みではなく、「墓地E・HERO融合させる」という、簡潔かつ非常に分かりやすいものだった。
    しかし、少し後の「十代vs影丸」戦ではテキストの丸読みになっている。
  • アニメGXにはこのカードと同名の「ミラクルフュージョン」というBGMが存在する。
    デュエルの重要な局面で流れるBGMでありながらサウンドトラックには収録されていないが、通称「運命のテーマ」と称される「ラストターン」という曲と共にTAG FORCE 1に短く編曲されて収録されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2009では、このカードを「ライディングデュエル」用に調整した《Sp(スピードスペル)ミラクル・フュージョン》がオリジナルカードとして登場した。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果対象を指定する効果になりますか?
A:いいえ。対象を指定しない効果になります。(05/05/26)

Q:このカードの効果モンスター除外するタイミングはいつになりますか?
A:効果処理時になります。(05/05/26)

Q:このカードの効果処理時にフィールド上・墓地の両方からモンスター除外する事ができますか?
A:はい。除外する事ができます。(05/05/26)

Q:このカードの効果処理時に融合素材代用モンスター除外する事ができますか?
A:はい。除外する事ができます。

Q:自分フィールド《霊滅術師 カイクウ》が存在する時に相手はこのカード発動できますか?
A:融合素材となるモンスターフィールドに全て揃っている場合なら発動する事ができます。(15/02/26)


Tag: ミラクル・フュージョン》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告