《『焔聖剣(えんせいけん)−デュランダル』/"Infernoble Arms - Durendal"》

装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

 RISE OF THE DUELISTで登場した装備魔法
 レベル5以下の炎属性戦士族1体をサーチして自壊する効果装備モンスター墓地へ送られた事で墓地へ送られた場合にレベル5以下の炎属性戦士族1体を蘇生させる効果を持つ。

 焔聖剣には自身が装備されている状態で発動して自身の破壊を含む(1)の効果と、装備モンスター墓地へ送られた場合の(2)の効果があり、同一ターンでは、どちらか一方しか使えない。
 (1)の効果チェーンされた効果でこのカード装備モンスターのどちらかが除去された場合、(1)の効果適用されない上、(2)の発動も行えない。
 しかし(1)の効果相手モンスター装備されている状態でも発動できるため、自分モンスターが存在せずとも使える上、その方法なら装備モンスター除去されることで妨害される恐れも減らせる。
 (1)の効果を目的に発動するなら、可能な限り相手モンスターに装備させるべきだろう。
 ただし《栄光の聖騎士団》サーチするには自分聖騎士に装備することになる。
 また、聖剣カードであるため、《聖騎士トリスタン》などの効果を使う目的で装備させる局面もありうる。

 (2)の発動条件装備モンスター墓地へ送られた事でこのカード墓地へ送られた場合というもので、タイミングを逃さないため、リリースエクシーズ素材以外の各種素材などで墓地へ送っても良い。
 上述の通り相手装備させることもできるため、相手装備させて、その相手モンスター除去するのもよい。
 《焔聖騎士帝−シャルル》ならこのカード相手装備したことをトリガー除去効果発動できるため、素早く効果の発動に繋ぐことができる。

 (1)はレベル5以下の炎属性戦士族サーチしてその後このカード破壊する効果
 レベル属性種族とそれぞれ制限があるが、焔聖騎士【イグナイト】【BK】では有力なサーチ手段になる。
 《超量士レッドレイヤー》を擁する【超量】でも検討でき、後攻ターン目などに相手モンスター装備して使えばそのまま特殊召喚に繋がる。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》《焔聖騎士−リナルド》特殊召喚するコストとして墓地に置き、サルベージすることですぐに使用できる。
 2枚目の《焔聖騎士−リナルド》サーチすればチューナー扱いで特殊召喚できる。

 (2)はレベル5以下の炎属性戦士族蘇生する効果
 表示形式の指定は無く、効果無効などのデメリットも無い完全蘇生であり、蘇生したモンスターは柔軟に運用できる。
 この効果の発動戦士族以外の特殊召喚が行えなくなる点は注意。

関連カード

―《『焔聖剣−デュランダル』》が見られるカード

レベル5以下の戦士族・炎属性モンスター

―(1)(2)の両方に対応するモンスター

―(2)にのみ対応するモンスター

収録パック等


Tag: 《『焔聖剣−デュランダル』》 魔法 装備魔法 聖剣

広告