(ヒロイック)(チャレンジャー) モーニング・スター》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守1300
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ヒロイック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):このカードが墓地に存在し、自分のLPが500以下の場合に発動できる。
このカードを効果を無効にして特殊召喚する。

 DIMENSION FORCEで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自分戦士族が2体以上存在する場合に手札から特殊召喚する起動効果召喚・特殊召喚に成功した場合にヒロイック魔法・罠カードサーチする誘発効果自分ライフが500以下の場合に効果無効の状態で自己再生する起動効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 自分フィールドに2体以上の戦士族という条件なので若干の展開力は求められる。
 ヒロイックモンスターのみでこの条件を満たすとなると、《H・C 強襲のハルベルト》特殊召喚し、さらに通常召喚することになる。
 このカード召喚した場合の(2)で《ヒロイック・エンヴォイ》を経由して同名カードサーチし、そちらをこの効果で出すという手もある。
 メインフェイズ2になるのが難点だが、《H・C 強襲のハルベルト》の(3)でのサーチから繋げれば、スムーズに条件を満たせる。

 (2)はヒロイック魔法・罠カードサーチ
 基本的にはサーチカード《ヒロイック・エンヴォイ》攻撃力倍化の《ヒロイック・チャンス》の二者択一となるだろう。
 《ヒロイック・エンヴォイ》を経由して《H・C ナックル・ナイフ》を加えれば、あちらの特殊召喚からランク4または1のエクシーズ召喚へと繋がる。
 他にレベル戦士族を展開できていれば、《H−C エクスカリバー》エクシーズ召喚した後にサーチした《ヒロイック・チャンス》を使う事で、あちらの攻撃力を8000にまで引き上げられる。
 また、《ヒロイック・チャンス》を自身に使用すれば攻撃力3000となり、特殊召喚メタなどの状況を戦闘により突破できる。

 (3)は効果無効での自己再生
 通常は残りライフ500以下の状態になるか運次第になるため、ライフコストのあるカードで調整し発動条件を満たすことになる。
 《H−C クレイヴソリッシュ》の(2)や《SNo.39 希望皇ホープONE》ならライフコストで500以下にできる。

 (1)(3)は状況を選ぶものの、(2)だけでも【ヒロイック】における優先順位は高いと言えるだろう。
 特に《ヒロイック・エンヴォイ》から《H・C ナックル・ナイフ》へと繋げる動きは【ヒロイック】では貴重な1枚初動であり、先攻後攻どちらでも機能する。
 苦手な先攻を譲られた場合でも、この動きで《No.41 泥睡魔獣バグースカ》《H−C ガーンデーヴァ》といった制圧に適したエクシーズモンスターを出すことで耐え凌ぐことができる。

  • モーニングスターとは棍棒の先端に棘のある鉄球を付けた武器。
    ただし、創作などでは実際のものと異なり棍棒の先端と棘のある鉄球を鎖で繋いだ形状になっていることが多い。
    イラストでは、創作においてよく見られる鎖で繋がれた形状のモーニングスターが描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《H・C モーニング・スター》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1500 守1300 H・C ヒロイック

広告