Into(イントゥ) the() VRAINS(ヴレインズ)!/Link into the VRAINS!》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札からモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターを含む自分フィールドのモンスターを素材としてリンク召喚する。
そのリンク召喚は無効化されず、そのリンク召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドのリンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
このカードを除外して発動できる。
元々の種族がそのモンスターと同じモンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した通常魔法
 手札モンスター効果無効特殊召喚した上で、それを素材に用いたリンク召喚を行う効果自分リンクモンスター破壊された場合に自身を墓地コストにしてそれと同種族モンスターサルベージできる効果を持つ。

 (1)は手札モンスターの展開とそれを用いたリンク召喚を行う効果
 特殊召喚からリンク召喚一連の効果であり、加えてこの際のリンク召喚無効にされずリンク召喚成功時チェーンも許さないため、安全にリンク召喚を通せる。
 リンク召喚成功時チェーン不可は相手にのみかかるので、リンク召喚成功時効果リンク素材となったモンスター効果も安全に通すことができる。
 また、リンク召喚成功時自分効果発動しなかった場合には、次に自分が行動するまで相手は一切の妨害を挟むことができなくなる。
 ただし、このカードの発動自体にはチェーンできるので、チェーンによってフィールドモンスター除去された場合などはリンク召喚が行えないケースもある。
 また、《増殖するG》チェーンされて2枚ドローされてしまう危険性もある。
 特殊召喚したモンスター1体で出せるリンク1が存在するのならば確実にリンク召喚が可能。
 リンク1を初動とするデッキなら安全に展開でき、召喚権を残しているため妨害を受けた際のフォローがしやすい。
 《マイクロ・コーダー》などの手札からリンク素材にできるカードを用いてもよく、前述の状況においてもリンク2以上のリンク召喚を狙うことができる。

 サーチが豊富な【剛鬼】なら特殊召喚手段として採用を考えられる。
 レベルを問わずに特殊召喚でき、墓地での効果無効にならないため、《SPYRAL−グレース》とは相性がいい。
 その他上級モンスターの多い【ジャックナイツ】などでも展開手段として考えられるか。

 縛りの緩いリンクモンスターを展開の起点とするデッキにおいて、とにかく最初のリンク召喚1回を通したい場合でも採用が考えられる。
 《ライティ・ドライバー》に対して《灰流うらら》などを受けた場合でも、手札の適当なモンスターを使うことでリンク2以上のリンクモンスターを出すことができる。
 ただ、単純に手札消費は多くなるので(2)でディスアドバンテージを補いたい。

 (2)は破壊されたリンクモンスターと同種族モンスターサルベージ
 トリガーはやや受動的だが、種族をある程度揃えている構築ならば発動自体は難しくない。
 自分効果破壊自爆特攻で能動的に発動する事も可能であり、リンク1のモンスターを使えば消費も補い易い。
 サイバース族《レイテンシ》ならサルベージ後即座に特殊召喚でき、リンク召喚すればドローも可能。

 【魔弾】とは特に相性がよく、いずれの魔弾からもリンク1の《魔弾の射手 マックス》に繋げられる上、あちらのサーチリクルート効果《灰流うらら》等に妨害されない。
 先に魔弾モンスターを出し、同じ縦列でこのカード発動することで各種固有効果トリガーとしても使える。
 またこれによって発動した効果に対しても相手チェーンできなくなるため、《魔弾の射手 マックス》と合わせて確実にアドバンテージを稼ぐことができる。
 そしてリンク召喚成功時手札《魔弾−クロス・ドミネーター》《魔弾−デスペラード》発動することで疑似的なチェーン不可として運用できる。
 さらには(2)の効果も、《魔弾の射手 マックス》攻撃力の低さをカバーする手段になる。

  • このカード効果は、手札モンスターを現実世界の人間、リンクモンスターをVR空間「LINK VRAINS」におけるアバターになぞらえたものだろう。
    (1)の効果は現実世界の人間がVR空間にダイブしてVR空間のアバターに変わる様子を、(2)の効果はVR空間からログアウトして現実世界に意識が戻ってくる様子がモチーフと思われる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Into the VRAINS!》 魔法 通常魔法

広告