S−Force(セキュリティ・フォース) 乱破小夜丸(らっぱちよまる)

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 800/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「S−Force」モンスターの正面の相手モンスターは、
自身と同じ縦列のモンスターしか攻撃対象に選択できない。
(2):手札から「S−Force」カード1枚を除外して発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
デッキから「S−Force 乱破小夜丸」以外の
「S−Force」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 BLAZING VORTEXで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 S−Forceの正面の相手モンスターは自身の正面のモンスターにしか攻撃できなくなる永続効果手札S−Forceカード除外して、このカード手札戻しS−Forceモンスター守備表示リクルートする誘発即時効果を持つ。

 (1)は相手モンスター攻撃対象を制限する効果
 このカードが制限するのはS−Forceの正面に存在する相手モンスターのみであり、それ以外のモンスターは自由に攻撃できる。
 そのため、その位置に存在しないモンスターでまずこのモンスター戦闘破壊してしまえば簡単に拘束が崩れるため、何らかの防御カードはほしい。
 正面からの攻撃であれば《S−Force ブリッジヘッド》も防御カードになるが、前提として上述のS−Forceの正面に存在しないモンスター攻撃をどうにかする必要がある。

 (2)の効果は自身を手札戻しS−Forceリクルートする効果
 コストとしてS−Forceカード除外する必要があるが、《S−Force プラ=ティナ》リクルートすれば除外したモンスターをそのまま帰還させることもできる。
 他にもS−ForceS−Forceの正面のモンスターの行動を縛る効果を持つものが多いため、フリーチェーンでそれらを展開することで相手の思惑を崩すことができる。

 レベル戦士族ということで《トゥルース・リインフォース》でもリクルート可能。
 相手バトルフェイズ中にリクルートすることで、相手戦闘を制御することができる。
 また(2)の効果相手ターンでも発動できるため、そのまま(2)の効果につないでもよい。

 低レベル戦士族であるため、《聖騎士の追想 イゾルデ》によるリクルートも容易。
 S−Force種族がバラけており、純構築では《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク召喚は難しいが、展開の起点となるこのカードリクルートできるメリットは大きいため、展開効果を持つ戦士族出張させるのも手だろう。

 また、家臣の対応ステータスでもあるので《天帝従騎イデア》からのリクルートも可能。
 《天帝従騎イデア》自体も《トゥルース・リインフォース》に対応しており、相手ターン特殊召喚すればエクストラデッキを利用できない制限も気にならない。

  • 「小夜」は一般的に「さよ」と読むことが多いが、このカードは「ちよ」と読んでいるため、宣言の際には注意。
    あるいは、戦国武将・望月盛時の妻、望月千代女にちなんだ命名かもしれない。
    一般的には巫女であったと伝えられるが、くノ一であったという俗説がある。

関連カード

―《S−Force 乱破小夜丸》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《S−Force 乱破小夜丸》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 戦士族 攻800 守1000 S−Force

広告