Sin(シン) サイバー・エンド・ドラゴン/Malefic Cyber End Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻4000/守2800
このカードは通常召喚できない。
EXデッキから「サイバー・エンド・ドラゴン」1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):「Sin」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。
(3):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。

 遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜 MOVIE PACKで登場した闇属性機械族特殊召喚モンスター
 Sin共通の3種のデメリット効果と、エクストラデッキ《サイバー・エンド・ドラゴン》除外する事で特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 除外するモンスターエクストラデッキ内にあるので、メインデッキの圧迫と手札事故のリスクを抑えられるため、Sinモンスターの中では扱いやすい部類に入る。
 同じくエクストラデッキモンスター除外するSinモンスターとして《Sin パラダイム・ドラゴン》《Sin スターダスト・ドラゴン》が存在する。
 いずれも固有効果を持つ点はこのカードに勝るが、前者に比べ自壊条件が緩く、後者に比べ攻撃力が圧倒的に上回る利点がある。

 ただし、このカード以外の特殊召喚モンスターSinドラゴン族であり、【Sin】おいては種族サポートが共有しにくいのが欠点。
 《リミッター解除》等の機械族サポートと併用すれば破格の攻撃力となるが、【Sin】にそれらを採用すると手札事故のリスクも高まる。

 攻撃制限と自壊デメリットはあるものの、4000の攻撃力を手軽に得られる見返りも大きいため、フィールド魔法の依存度が高いデッキ出張採用してみるのも良い。
 デメリットを持つ特殊召喚が容易なモンスターとして、【スキルドレイン】への採用も検討できる。
 フィールド魔法レベル10を多く採用し、機械族サポート《スキルドレイン》も投入しやすい【列車】では有用なモンスターとなる。
 機械族主軸の【機皇】【古代の機械】【カラクリ】等では《一族の結束》による強化も狙える。
 レベル10のため、《神縛りの塚》を併用すれば強固な耐性も獲得できる。

 他のSinモンスターにも言えることだが、《偉大魔獣 ガーゼット》アドバンス召喚に使用することで、大幅な攻撃力アップが期待できる。
 このカードと共に《ダークゾーン》強化できるため、1ターンキルを後押しすることも可能。
 フィールド魔法がなくても特殊召喚破壊されることで、能動的に機皇帝《デーモンとの駆け引き》発動条件を満たす事ができる。

  • イラストでは中心の頭部は他のSinモンスター同様に左右非対称の模様だが、左と右の首はそれぞれ左の頭部が白、右の頭部が黒を基調とした独特のデザインとなっており、少々他のSinモンスター達と異なった特徴を有している。

関連カード

―《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

―共通効果に関してはSinを参照。

Q:このカードが正規召喚した後に墓地へ送られた場合、《死者蘇生》等によって蘇生することはできますか?
A:いいえ、できません。(12/07/20)

Q:自分フィールド上に《Sin World》《マシンナーズ・ギアフレーム》ユニオンした《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》が存在しています。
  この時、《Sin World》破壊された場合《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》はどうなりますか?
A:《Sin World》破壊された時点でフィールド魔法が存在しないことにより破壊されます。(11/08/20)


Tag: 《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 機械族 攻4000 守2800 Sin 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告