《アームド・ドラゴン・サンダー LV(レベル)10》

効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
(1):「アームド・ドラゴン」モンスターの効果で特殊召喚したこのカードは、
自身の攻撃力によって以下の効果を得る。
●1以上:カード名を「アームド・ドラゴン LV10」として扱う。
●10以上:このコントロールは変更できない。
●100以上:戦闘では破壊されない。
●1000以上:相手ターンに1度、手札を1枚墓地へ送り、
フィールドの他のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自身の攻撃力を1000アップする。
●10000以上:1ターンに1度、発動できる。
フィールドの他のカードを全て破壊する。

 BLAZING VORTEXで登場する風属性ドラゴン族最上級モンスター
 アームド・ドラゴンモンスター効果特殊召喚した場合に自身の攻撃力に応じた効果を得る効果を持つ。

 効果を得るためにはアームド・ドラゴンモンスター効果特殊召喚する必要があり、基本的には《アームド・ドラゴン・サンダー LV7》効果特殊召喚することになる。
 「●1000以上:」までは弱体化されない限りはそのまま適用発動できるが、「●10000以上:」を発動するためには大きな強化が必要になる。
 《武装竜の万雷》は特に大きな強化を狙いやすいが、発動ターン中は戦闘ダメージを与えられないため、全体除去を活かすなら前のターン適用しておきたい。

 「●1以上:」の場合、カード名《アームド・ドラゴン LV10》として扱う効果
 この効果(厳密には記されているテキスト)によって《レベルアップ!》であちらを特殊召喚することが可能であり、モンスター限定とはいえこちらより容易に全体除去できるため、それを狙うのも良い。
 一方《アームド・ドラゴン LV10》は専用サポートカードなどは持たない点でデメリットになることもある。

 「●10以上:」の場合、コントロール奪取に対する耐性効果
 限定的な耐性とはいえ、「●1000以上:」の効果強化した後でコントロール奪取されることを防げる。
 アイズ・サクリファイス等の装備カード化や《No.101 S・H・Ark Knight》等のエクシーズ素材化もコントロール奪取に含まれるため、それらに対しても強い。

 「●100以上:」の場合、戦闘破壊耐性
 ステータス的には戦闘より効果による除去を狙われやすいため、相手ターンを跨いで維持したいなら他の防御カードもあるとよい。

 「●1000以上:」は相手ターン手札を1枚墓地へ送りフィールドのカードを1枚破壊し、自身の攻撃力を1000上げる効果
 相手ターン限定だが、フリーチェーンフィールドのカード破壊できるため、制圧カードとなる。
 また自己強化は永続であるため「●10000以上:」を目指す場合の足しにもなる。
 コストとして手札を1枚墓地へ送る必要があるが、LV7以下のアームド・ドラゴン・サンダーにはコストになった場合即座に手札を補充できるため、それらをコストにできれば実質消費なしで発動できる。

 「●10000以上:」はこのカード以外の全てのフィールドのカード破壊する効果
 全体除去を行い10000以上になっているこのカード攻撃力を使って一気にゲームエンドに持ち込める。
 ただし上述の通り、10000以上までこのカード強化するのは容易ではない。
 発動にはかなり特化した構築が必要になるだろう。
 また装備カードなど永続カード強化していた場合、このカード攻撃力全体除去後10000を下回るため1ターンキルするには他のカードが必要になることもある。
 「●1000以上:」の効果でも十分に制圧できる為、この効果はおまけと割り切ってもいいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    テキストの1・10・100・1000・10000の数字は、アニメGXでアームド・ドラゴンを使用した「万丈目サンダー」こと万丈目準の決め台詞「一、十、百、千、万丈目サンダー!!」が元ネタだろう。
    イラストにおいてこのモンスターが片腕を突き上げているのも、彼やギャラリーが同台詞を述べる時に頻繁に行うポーズをイメージした可能性がある。

関連カード

―《アームド・ドラゴン・サンダー LV10》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アームド・ドラゴン・サンダー LV10》 モンスター 効果モンスター 星10 風属性 ドラゴン族 攻3000 守2000 アームド・ドラゴン LV

広告