《アームド・ドラゴン・サンダー LV(レベル)3》

効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 900
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV3」として扱う。
(2):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドのこのカードを墓地へ送り、
手札・デッキからレベル5以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 BLAZING VORTEXで登場する風属性ドラゴン族下級モンスター
 アームド・ドラゴン・サンダーに共通する、フィールド墓地リメイク前として扱う効果手札コストを払う事でフィールドの自身を墓地へ送り特定のレベル以下のアームド・ドラゴン特殊召喚する効果、自身がドラゴン族効果の発動コストとして墓地へ送られた場合に発動する固有の効果を持つ。

 レベル3・5・7のアームド・ドラゴン・サンダーは細部は異なるが概ね共通した3つの効果を持つ。
 それらに共通する使い方や注意点についてはこちら《アームド・ドラゴン・サンダー LV7》を参照。

 このカードの場合、(1)は《アームド・ドラゴン LV3》扱い、(2)はレベル5以下、(3)の固有効果は1枚ドローである。
 下級モンスター且つ《武装竜の霹靂》リクルートにも対応しているため出しやすく、このカードの(2)を起点として最上級アームド・ドラゴンに繋げる事も多いだろう。
 他2体の(3)がサーチに対しこちらはドローなので、デッキの状況を問わず、《ライオウ》等にも妨害されず安定して発動できる点で勝る。
 ただし、手札モンスターが無い状況で魔法・罠カードドローした場合、フィールドアームド・ドラゴン手札コストが払えないという状況も起こり得る。

 なお、《アームド・ドラゴン LV5》《アームド・ドラゴン・サンダー LV5》はどちらも《砲撃のカタパルト・タートル》1枚で特殊召喚可能である。
 上述の様に《武装竜の霹靂》リクルートでき、《アームド・ドラゴン・サンダー LV7》手札コストサーチ効果を使い補える点を活かす事になる。

関連カード

―《アームド・ドラゴン・サンダー LV3》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アームド・ドラゴン・サンダー LV3》 モンスター 効果モンスター 星3 風属性 ドラゴン族 攻1200 守900 アームド・ドラゴン LV

広告