《アティプスの蟲惑魔(こわくま)

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/昆虫族/攻1800
【リンクマーカー:左/右/下】
昆虫族・植物族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードは罠カードの効果を受けない。
(2):自分の墓地に通常罠カードが存在する限り、
自分フィールドの「蟲惑魔」モンスターの攻撃力は1000アップする。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの昆虫族・植物族モンスターの数まで、
相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分の墓地から通常罠カード1枚を除外し、対象の表側表示のカードの内1枚を選んで破壊する。

 ストラクチャーデッキ−蟲惑魔の森− 狂宴への誘いパックで登場した地属性昆虫族リンクモンスター
 リンク召喚されている場合罠カード効果を受けない永続効果墓地通常罠が存在する場合に蟲惑魔全体強化する永続効果自分フィールド植物族昆虫族の数まで相手表側表示カードの効果無効にし、更に墓地通常罠除外することでそのうちの1体を破壊できる起動効果を持つ。

 リンク素材は「昆虫族植物族を含む2体以上」と少々重い
 【蟲惑魔】では種族の制限は問題ないが、展開を得意とするデッキタイプではないためリンク素材を揃えるには少々工夫が欲しい。
 《トリオンの蟲惑魔》+通常罠手札にあれば、《トリオンの蟲惑魔》召喚からこのカードリンク召喚まで繋がる(展開ルートはこちらを参照)。
 他にも《ランカの蟲惑魔》《キノの蟲惑魔》サーチするか、《ティオの蟲惑魔》蘇生効果を活用すれば2体は並べられるため、もう1体を汎用カードで賄うのが良いか。
 《蟲惑の園》が存在するならば、《ランカの蟲惑魔》A→《ランカの蟲惑魔》B→《キノの蟲惑魔》と繋げる事で3体を揃えられる。

 また、墓地通常罠さえ存在すれば【蟲惑魔】以外の昆虫族植物族を扱うデッキ全般で使用できる性能である。
 特に【昆虫族】ビートルーパーB・F等に昆虫族以外の展開を封じるものも少なくないため、選択肢の幅を広げる意味でも採用する価値はある。
 【蟲惑魔】で扱う場合に比べ(2)の恩恵は薄いが、代わりに展開力が勝るので(3)による無効化の対象は広げやすい。

 (2)は蟲惑魔に対する1000の全体強化
 【蟲惑魔】の弱点である打点不足を大きく補える効果であり、自身単体でも2800とアタッカーに相応しい打点となる。
 適用条件はあるものの、【蟲惑魔】墓地に1枚も通常罠が無い事は滅多とないだろう。
 ただし、墓地罠カード除外したり、再利用したりする事が多いため残りの枚数は気にかけておきたい。

 (3)は相手表側表示カードの効果無効化と追加効果による除去
 こちらが展開できていれば複数枚を対象にできるが、【蟲惑魔】でこのカードを出した上で更にモンスターを並べるのは少々骨が折れる。
 狙えるようならば狙いたいが、自身単体で1枚だけで良いと割り切ることも必要。
 一方、【昆虫族】で採用した場合は展開力に優れる種族である点も含め、複数枚を対象に取りやすい。

 追加効果適用しない場合は無効化に留まるが、起動効果による無効化が有効に働くものは一部の永続効果永続カードに限られる。
 故に、基本的には後半の除去効果まで適用してボード・アドバンテージを稼ぎたい。
 除外する通常罠の用意は【蟲惑魔】ならば容易いが、再利用や(2)との兼ね合いには気を付けておきたい。

  • カード名はジグモの学名である「Atypus karschi」が由来だろう。
    ジグモは地中から地表にかけて糸で袋状の巣を作る。
    地表に出ている部分は捕虫部でもあり、小さな虫などが地表部分に触れると糸の袋越しに大きなアゴによって獲物を捕らえ穴の中に引きずり込む。
    イラストでも穴を覆う糸の蓋を突き破り、鋭く大きいアゴのようなものが飛び出してきている。
  • また、イラストでは糸に縛られ悲しそうな顔でこちらに手を伸ばすポーズを取っている。
    ストラクチャーデッキ付属の資料によると、上記の様なポーズで蟲惑魔に囚われた被害者を演じ、助けようと近づいてきた者を後ろの虫が鋭い爪で素早く捕らえて喰らうとのこと。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アティプスの蟲惑魔》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 昆虫族 攻1800 蟲惑魔

広告