《アポクリフォート・カーネル/Apoqliphort Skybase》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻2900/守2500
このカードは特殊召喚できず、自分フィールドの
「クリフォート」モンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した地属性機械族最上級モンスター
 アポクリフォートの1体であり、1ターンの間コントロール奪取する起動効果を持つ。

 《アポクリフォート・キラー》同様の召喚条件耐性だが、あちらと違い攻守をダウンさせる効果がない。
 元々の攻撃力もこちらの方が低いため、攻撃力3000のモンスターにはあっさりと戦闘破壊されてしまう。
 レベルも1つ低いため、数は少ないがレベル9のモンスター効果を受けてしまうのも考え物。

 固有の効果エンドフェイズまでのコントロール奪取
 《機殻の要塞》があれば出したターン中でもアドバンス召喚リリースに使え、機械族モンスターを奪えばクリフォートペンデュラム効果下でも出せる《クリフォート・ゲニウス》に繋げられる。

 だが、元々クリフォート《クリフォート・アーカイブ》《クリフォート・エイリアス》モンスターバウンスする機会が多く、《クリフォート・ディスク》1ターンキルも狙えるため、わざわざコントロール奪取する必要性が薄い。

 総じて、《アポクリフォート・キラー》と比較すると相手への影響力や安定性に欠け、3体のリリースに見合う性能とは言い難い。
 《機殻の凍結》を使えば出しやすくはなるが、《アポクリフォート・キラー》より優れる点が少なく、他のクリフォートとも効果が噛み合っていない。

  • 「アポクリフォート」については《隠されし機殻》を参照。
    「カーネル(Kernel)」は英語で核・中枢・核心を指す単語である。
    コンピューター用語としてはOSの基幹機能を制御するソフトウェアを指し、ディスク・メモリなどのリソースの管理やアプリケーションソフトウェアやデバイスの監視、プロセス間通信の処理等の作業を行う。
    • クリフォト側のモチーフは、クリフォトを構成する第一のクリファ「バチカル(Bacikal - 無神論)」だろう。

関連カード

―《アポクリフォート・カーネル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アポクリフォート・カーネル》 効果モンスター モンスター 星9 地属性 機械族 攻2900 守2500 クリフォート アポクリフォート 特殊召喚不可

広告