《アリの増殖(ぞうしょく)/Multiplication of Ants》

通常魔法
自分フィールド上の昆虫族モンスター1体を生け贄に捧げて発動する。
自分フィールド上に「兵隊アリトークン」(昆虫族・地・星4・攻500/守1200)
を2体特殊召喚する。(生け贄召喚のための生け贄にはできない)

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 暗黒の侵略者で登場した通常魔法
 昆虫族コスト兵隊アリトークン2体を特殊召喚する効果を持つ。

 2:2交換なので損失はないが、兵隊アリトークンアドバンス召喚エクシーズ召喚に活用できない。
 そのため基本はアドバンス召喚以外のリリースコストシンクロ素材リンク素材として利用したい。
 また、1度に合計レベルが8のトークンを用意できるため、レベル儀式モンスター儀式召喚に利用してもいい。

 兵隊アリトークン2体のみでもリンク2のリンク召喚に繋げられる。
 兵隊アリトークン自体もこのカードリリースできるため、リリース対象さえ用意できれば手札に複数枚あったとしても腐らせにくい。

 シンクロ召喚を見越した運用であれば、チューナーリリース対象を用意できる《インフェルニティ・ビートル》《ダーク・バグ》が利用できる。
 前者は《地底のアラクネー》を含むレベル6やレベル10、後者はレベル7やレベル11のシンクロ召喚が可能になる。
 レベル7は《シューティング・ライザー・ドラゴン》シンクロ召喚し、レベル調整することで、さらにシンクロ召喚先の選択肢が増える。
 同様に《トランシケーダ》ヌケガラトークンリリースし、制約を解除しつつシンクロ素材にするのも良い。

 それ以外では《共振虫》《応戦するG》コストにすることで昆虫族サーチしつつトークンを生成できる。
 《カブトロン》《ブロック・スパイダー》で余分にコストを調達しつつ発動に繋げる事も可能。
 緩い自己特殊召喚能力を持つ《プリミティブ・バタフライ》との併用も範疇だろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「城之内vsインセクター羽蛾」戦において羽蛾が使用。
    《兵隊アリ》の専用サポートカードで、《インセクト女王》攻撃力を最大限にまで上げるために使用した。
    原作のテキストは以下の通り。
    攻撃表示の兵隊アリを増殖させ、10匹の軍隊アリにする。
    軍隊アリは攻撃には参加できない。
    ターン終了後すべてのアリは墓地に行く。
  • アニメVRAINS第25話に登場したSNSの画面上に、「アリの増殖バーン」というハンドルネームの人物が確認できる。
    同シーンではSOLテクノロジー社の北村セキュリティ部長が多数のネットユーザーに散々叩かれているが、「アリの増殖バーン」は北村の批判をしておらず、先任の財前晃がいつの間にか失脚した事を気にしていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側表示昆虫族リリースする事はできますか?
A:はい、できます。(10/01/29)


Tag: 《アリの増殖》 魔法 通常魔法

広告