《カース・オブ・ヴァンパイア/Vampire's Curse》

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2000/守 800
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
500ライフポイントを払って発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズ時に、このカードを墓地から特殊召喚する。
また、この効果によって特殊召喚に成功した時に発動する。
このカードの攻撃力は500ポイントアップする。 

 LIMITED EDITION 7で登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 戦闘破壊された次のスタンバイフェイズに、ライフコストを払う事で自身を墓地から特殊召喚する誘発効果、その方法で特殊召喚に成功した時に自身の攻撃力を上昇する誘発効果を持つ。

 相手カード効果破壊された時に自己再生する《ヴァンパイア・ロード》に対して、こちらは戦闘破壊された場合に復活する。
 自己再生するにはライフコストが必要だが、復活後は2500まで攻撃力が上昇するため、上級モンスターの中では高い攻撃力を持つ。
 ただし、攻撃力が2500に上昇した状態で戦闘破壊されても、墓地攻撃力リセットされるため、再度復活しても攻撃力は2500のままである。
 守備力は上昇しないものの、戦闘破壊されれば自己再生できるので、守備力の低さはあまり問題にはならない。

 自己再生効果は、擬似的な戦闘破壊耐性となるため、《収縮》《オネスト》等のコンバットトリック《月の書》などの表示形式変更に対して強い。
 《強制転移》等でコントロールを奪われても、戦闘破壊すれば再び自分フィールド特殊召喚できるため、それらに対しても強いと言えるだろう。
 とはいえ戦闘破壊から自己再生までは若干の間があるため、大量展開からの1ターンキルを食い止めるような事はできない。

 その他として、アンデット族サポートカード全てに対応している上級モンスターである点は評価できる。
 《ゴブリンゾンビ》からサーチでき、《ピラミッド・タートル》から特殊召喚することも可能である。
 状況に応じて、《ヴァンパイア・ロード》《龍骨鬼》等と使い分けると良いだろう。

  • ネイル(Nail/爪)ファング(Fang/毒牙)ブロー(Blow/一撃)ということで毒の爪による一撃といったところ。
    漫画内では爪で切り裂く描写がなされていた。
  • ONLINEなどでは実物が登場するまで《Curse of Vampire》という名前だった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《カース・オブ・ヴァンパイア》の自身を特殊召喚する効果に対して、《王宮の弾圧》《神の警告》効果発動することはできますか?
A:戦闘破壊されて墓地へ送られた《カース・オブ・ヴァンパイア》が、次のターンスタンバイフェイズに500ライフポイントを払って効果発動した際、《王宮の弾圧》《神の警告》発動する事ができます。(18/01/14)


Tag: 《カース・オブ・ヴァンパイア》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻2000 守800 ヴァンパイア

広告