《ガスタの風塵(ふうじん)/Dust Storm of Gusto》

通常罠
このカードを発動したターン、
自分フィールド上の「ガスタ」と名のついたモンスターの攻撃宣言時に
相手は魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した通常罠
 ガスタと名のついたモンスター攻撃宣言時に相手の行動を制限する効果を持つ。

 ガスタ攻撃宣言時のみだが、相手のほぼあらゆる効果発動を封じることができ、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応罠カードを恐れずに攻撃できる。
 ガスタアタッカーが複数フィールド上に存在すれば、全員がこの抑止効果を利用することができる。

 しかし、メインフェイズ1の召喚に対するカウンター罠《激流葬》などは防げない。
 攻撃反応罠カードメインフェイズ1における展開で除去される可能性が高いために、採用率が低下しており、それのみのメタとしては範囲が狭い。
 また、ダメージステップ終了時まで持続するアンティーク・ギア等と異なり、このカードは完全に攻撃宣言時のみであり、《オネスト》等を通してしまう。
 更に、このカード自身が罠カードであるため、セットした次のターンまで待たないと使えず、その間に除去されてしまったり、制圧されて使い所が無くなってしまったりする。
 攻撃宣言時に発動するカード罠カードが多いため、効果モンスターに対応しなくても良いなら《封魔の矢》の方が使いやすい。

 こちらが勝る点としては、相手のほぼあらゆる効果の発動を封じるため、ガスタ攻撃宣言時に何をしてもまず無効にされない。
 例えば、相手《スターダスト・ドラゴン》などを《ゴッドバードアタック》で一方的に破壊できる。
 あえてこのカードを採用するなら、単に攻撃を安全に通す目的だけでなく、攻撃宣言時に何か発動することを目的に使いたい。
 《ダイガスタ・スフィアード》の存在から、うまく通れば1ターンキルも難しくない。

  • 「風塵」とは、風でチリやほこりが舞い上がること。
    同様に砂が舞い上がった場合は砂塵と呼ぶ。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上にガスタが存在しない場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/10/06)

Q:このカード発動効果適用された後に、そのターンガスタと名のついたモンスター召喚特殊召喚などを行った場合、そのモンスター攻撃する際にこのカードの効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/10/07)

Q:相手ターン自分バトルフェイズ終了時、メインフェイズ2、エンドフェイズ時にこのカード発動する事ができますか?
A:いいえ、発動できません。(11/10/06)


Tag: 《ガスタの風塵》 通常罠 ガスタ

広告