《ギガンテック・ファイター(スラッシュ)バスター/Colossal Fighter/Assault Mode》

効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻3300/守1500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
全ての相手モンスターの攻撃力は、
自分の墓地に存在する戦士族モンスターの数×100ポイントダウンする。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分のデッキから戦士族モンスターを2体まで選択し墓地へ送る事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分の墓地に存在する「ギガンテック・ファイター」1体を特殊召喚する事ができる。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した闇属性戦士族特殊召喚モンスター
 相手モンスター攻撃力弱体化する永続効果デッキから戦士族を2体まで墓地へ送る誘発効果墓地から《ギガンテック・ファイター》特殊召喚する誘発効果を持つ。

 特殊召喚の方法は【バスター・モード】の「基本的な動き」を参照。
 《サイキック・リフレクター》または《バスター・スナイパー》フィールドに出せば1枚で特殊召喚の準備が整うので、フィールドに出すことは難しくない。

 /バスター共通の効果を2つと、戦士族に関連する効果を2つ持っている。
 弱体化効果は自分の墓地戦士族を参照するので墓地肥やし効果シナジーするが、倍率は1枚につき100と低め。
 しかし、このカードを出した時点で《ギガンテック・ファイター》戦士族2体が墓地に存在することになり、その時点で300は弱体化できる。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》から《ヒーロー・キッズ》リクルートしてリンク召喚するといった展開方法なら戦士族が大量に墓地に落とせるため弱体化幅もさらに大きくなる。

 メインは特殊召喚時に発動する戦士族限定の《おろかな埋葬》2枚分の効果
 《ネクロ・ガードナー》《不死武士》《H・C サウザンド・ブレード》などの、墓地発動する効果を持った戦士族は多い。
 【バスター・モード】の「基本的な動き」なら少ない消費で出せるため、墓地へ送る手段としては悪くない。
 炎属性戦士族《焔聖騎士−オリヴィエ》などを墓地に置き、墓地からこのカード装備させれば耐性を付与してより強固にできる。
 とはいえ、下級モンスター1枚だけなら《マスマティシャン》でもよい。

 /バスター専用の蘇生効果も当然内蔵しているが、このカード特殊召喚時の誘発効果を持つ。
 そのため《激流葬》等で破壊された場合はタイミングを逃す
 逆にサクリファイス・エスケープの要領で《バスター・モード》から特殊召喚した場合、今度は墓地へ送る効果タイミングを逃してしまう。
 《ギガンテック・ファイター》に対する除去の回避手段を考えるならば《禁じられた聖槍》等の方がより手軽に行える。
 そこから生じる攻撃力に関する問題も、自己再生効果を持つ《ギガンテック・ファイター》には実質無意味である。
 このカード特殊召喚する場合、上述の立ち回りには十分気を配る必要があるだろう。

 その他、《ズババジェネラル》に装備させることで、強化しつつ《ギガンテック・ファイター》蘇生効果発動を狙える。
 レベルチューナーを採用し、《ギガンテック・ファイター》シンクロ召喚ランク4のエクシーズ召喚を使い分けるのも良いだろう。
 上述の《聖騎士の追想 イゾルデ》ならこのカードサーチして装備カードにしたり、シンクロ素材エクシーズ素材確保も補助できる。
 戦士族《処刑人−マキュラ》を出し、《ギガンテック・ファイター》シンクロ素材にすることで《バスター・モード》手札から使用可能にするといった方法も使える。

 《青天の霹靂》とは墓地送り効果を使いつつ手札に来たこのカードデッキに戻せるので相性がいい。
 ただし手札事故召喚反応罠カードなどのリスクを考えるとあくまでデッキ戻す手段の1つ程度にとらえ、主軸にするべきではない。
 もしくは《G・B・ハンター》をこのカード効果墓地へ置き、《リビングデッドの呼び声》蘇生させて維持するという手もある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ギガンテック・ファイター/バスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻3300 守1500 /バスター 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告