《サイコ・エンド・パニッシャー》

シンクロ・効果モンスター
星11/光属性/サイキック族/攻3500/守3500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分のLPが相手のLP以下の場合、
S召喚したこのカードは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、1000LPを払い、
自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(3):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
このカードの攻撃力は、お互いのLPの差の数値分アップする。

 DIMENSION FORCEで登場した光属性サイキック族シンクロモンスター
 シンクロ召喚された状態で自分ライフ相手以下の場合に相手発動した効果を受けない永続効果、1000のライフコストを払い自分モンスター相手フィールドのカード除外する起動効果スタートステップライフの差分だけ自己強化する誘発効果を持つ。

 2体でシンクロ召喚できるレベル11のシンクロモンスターとしては高い汎用性を持つため、シンクロ召喚可能なデッキでは投入を検討できる。
 特に【P.U.N.K.】下級モンスター種族サポートも共有でき、ライフコストを払う効果も多いデッキであるため、(1)(3)ともシナジーが強い。
 《No−P.U.N.K.ディア・ノート》効果を活用すればレベルシンクロモンスターを経由してこのカードシンクロ召喚に繋がる(あちらのページ参照)。

 (1)はライフポイントが劣勢の場合に相手発動した効果を受けなくなる耐性
 お互いライフに依存するが適用できれば高いステータスも相まってかなり場持ちのよいモンスターとなる。
 (2)でライフコストを支払うため、単体でもある程度のライフ調整が可能。
 相手効果限定であるため、自身の(2)をはじめとする自分効果や、発動を伴わない効果は受ける点には注意。
効果を受けない」も参照されたい。

 (2)は自分モンスター相手フィールドのカード除外する効果
 《スクラップ・ドラゴン》などと同様に1:1交換除去が可能であり、除外であるため破壊耐性もすり抜けられる。
 ライフコストも(1)(3)とシナジーするため有用に働く場面も多いだろう。
 ただし《スクラップ・ドラゴン》と違い魔法・罠カード対象にできないため、腐った魔法・罠除去に変えるといった事は行えない。
 除外破壊と比べ再利用が難しくディスアドバンテージが大きいため、トークンや仕事を終えた低攻撃力リンクモンスター、或いは《ジャイアント・レックス》など除外アドバンテージになるモンスター除外する、サクリファイス・エスケープを行うといった手段を取ると良いだろう。

 (3)はライフ差による自己強化
 (1)と異なり自分ライフポイントが多い場合にも適用される。
 元々の攻撃力が高いこともあり、ライフ差があまりない状況でも十分な攻撃力を得やすい。
 当然ライフ差が大きければ大きいほど強力になるため、《神の宣告》など大きなライフコストカードと組み合わせることで爆発的な攻撃力を狙うのも良い。
 攻撃力上昇は永続であるためバトルフェイズを行えば毎ターンどんどん攻撃力が増強する。
 (1)の耐性により維持は難しくないので、ライフの管理さえ気を付ければ相手にとってかなり厄介な存在になる。
 ただし《オネスト》《双穹の騎士アストラム》を食らうと突破され、更にライフの減らし具合によっては一撃で敗北するため、それらに対するフォローは必要だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイコ・エンド・パニッシャー》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星11 光属性 サイキック族 攻3500 守3500

広告