《サイコ・ギガサイバー》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2200/守1200
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの魔法・罠カードの数が自分フィールドの魔法・罠カードより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドに「人造人間−サイコ・ショッカー」が存在し、
このカードが相手の効果モンスターに攻撃宣言した時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターを永続罠カード扱いで相手の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した闇属性機械族上級モンスター
 魔法・罠カードの数が自分より相手フィールドの方が多い場合に手札から特殊召喚できる召喚ルール効果《人造人間−サイコ・ショッカー》が存在する場合に自身が攻撃した効果モンスター永続罠扱いとして相手魔法&罠ゾーン置く誘発効果を持つ。

 (1)は手札から特殊召喚する効果
 発動条件相手に依存するものの、魔法・罠カードの採用枚数が極端に少ないデッキでなければ、後攻ターン目には特殊召喚できることが多いだろう。
 少しでも安定して特殊召喚を行いたいなら、自身は永続カードや伏せて使用するカードの採用枚数を少なくしておくべきだろう。

 (2)は効果モンスターに対して攻撃宣言した場合に、相手モンスター永続罠扱いにして、相手魔法&罠ゾーンに置く効果
 攻撃宣言を要求するとは言え、対象をとらずフィールドから離すこともなく、処理できるため非常に回避の難しい除去と言える。
 また相手フィールド魔法・罠カードを増やせるため、2枚目以降の同名カード特殊召喚を補助することにもなる。
 なお置く場所はこちらが決定できるため、相手【ペンデュラム召喚】であった場合、ペンデュラムゾーンと共用の端の魔法&罠ゾーンに置くことで、相手の動きを大きく封じることもできる。

 《人造人間−サイコ・ショッカー》関連のカードにはフィールド罠カードが存在するとメリットが生じるものも多い。
 しかし、《人造人間−サイコ・ショッカー》自身は永続罠とはアンチシナジーになりがちなので、採用バランスが難しいという問題がある。
 この効果フィールド罠カードを用意しつつ《人造人間−サイコ・ショッカー》がいても問題にならないので、その点でも役に立ち得る。

 とはいえ、このカード《人造人間−サイコ・ショッカー》が並んだ状態で相手モンスターが存在するならば、永続罠にするよりも《人造人間−サイコ・レイヤー》エクシーズ召喚し、コントロール奪取する方がダメージ効率は良い。
 後のカードの補助にするなど状況に応じて対処を考えたい。
 下級モンスター《人造人間−サイコ・ショッカー》扱いとなる《人造人間−サイコ・ジャッカー》にしても、あちらの効果《脅威の人造人間−サイコ・ショッカー》サーチ特殊召喚すれば《人造人間−サイコ・レイヤー》エクシーズ召喚できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイコ・ギガサイバー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 機械族 攻2200 守1200

広告