《サイバース・ディセーブルム》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/サイバース族/攻2300/守1500
サイバース族の儀式・融合・S・X・リンクモンスター+サイバース族モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。
その後、このカードのレベルをこの効果で特殊召喚したモンスターと同じにできる。
(2):自分フィールドにリンク4以上のサイバース族モンスターが存在し、
相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、 フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にする。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する闇属性サイバース族融合モンスター
 手札からサイバース族特殊召喚し、更にそのモンスターレベルを同じにできる効果リンク4以上のサイバース族コントロールしている場合に自身を除外して相手魔法・罠カード発動無効にする効果を持つ。

 融合素材の片方はエクストラデッキモンスターまたは儀式モンスターを指定するので、若干の下準備は求められる。
 融合召喚内蔵するサイバース族《プロキシー・F・マジシャン》《サイバース・セイジ》を利用すれば、消費を抑えて融合召喚できるだろう。
 エクストラモンスターゾーンが空いていれば墓地リンクモンスター融合素材にできる《サイバネット・フュージョン》も使いやすい。
 《Aiラブ融合》《超融合》であればミラーマッチにも強い。

 (1)は手札からのサイバース族特殊召喚
 特殊召喚先は種族以外の指定やデメリット・制約が無いので、活用法は幅広い。
 とは言え、サイバース族の大半は素材運用を前提にデザインされているため、基本的には更なるエクストラデッキからの展開の呼び水として使う事になるだろう。
 展開したモンスターと同レベルにもできるため、エクシーズ召喚の下準備にも役立つ。
 《めぐり−Ai−》公開するカードにもなり、サーチした@イグニスター特殊召喚する役割もこなせる。

 (2)は相手魔法・罠カード発動無効化。
 リンク4以上のサイバース族が別に必要となるので、少々の展開力は求められる。
 相手フィールドに妨害手段がある場合はその状況を作りにくいため、先攻ターン目に展開し、返しのターン相手魔法カードを封殺する制圧手段として利用するのが最適か。
 蘇生制限を満たしていない状態でも発動可能なので、この効果だけを目当てにエクストラデッキから直接墓地へ送っておくのも手ではある。

 《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》《ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティ》とは相性が良い。
 融合モンスターであるこのカード墓地に存在する事でそれらの効果のサポートとなり、自身の(2)でそれらの維持にも貢献できる。

  • カード名の「ディセーブルム」は、「ディセーブル(disable)」+「ヴルム」が由来だろう。
    • 「disable」は英語で「無効にする」を意味するが、コンピュータ用語としては「機能を停止する」として用いられる。
      例えば、Webサイトやプログラムなどで、ボタン要素のステータスを「disabled」に設定することでグレーで表示して押せないようにすることができる。
      このカードの(2)の効果もこれをモデルとしていると思われる。

収録パック等


Tag: 《サイバース・ディセーブルム》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 サイバース族 攻2300 守1500

広告