《サイバネット・ロールバック》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分のLPが2000以下の場合、自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分のサイバース族モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する速攻魔法
 サイバース族帰還する効果ライフポイントが2000以下の場合に自身を墓地コスト除外されているサイバース族2体をサルベージする効果を持つ。

 (1)はサイバース族帰還させる効果
 サイバース族には自身を除外して発動する効果フィールド離れた後に除外されるモンスターも多く、このカードによりそれらを再利用できる。
 また《アクセスコード・トーカー》《プロテクトコード・トーカー》《サイバース・ウィキッド》《スクリプトン》などのコスト除外したサイバース族帰還させるのもよいだろう。
 サイバース族サポートカードでは《サイバネット・リチューアル》《サイバネット・フュージョン》《サイバネット・バックドア》除外する効果を持つ。

 (2)は除外されているサイバース族2体のサルベージ
 (1)同様除外されているサイバース族の再利用が可能であり、手札に加える代わりに2体再利用できる。
 こちらは手札発動する効果を持つものや自己特殊召喚効果を持つものを積極的に選びたい。
 なお必ず2体対象にする必要があるため、除外されているサイバース族が1体では発動できない点は注意。

 【サイバース族】の中でも【マリンセス】除外を行なうカードが多く相性が良い。
 ただし、サイバネットサーチコード・トーカーファイアウォールを絡める必要があり、安定して手札加えたいなら構築を捻る必要があるだろう。

  • ライフ2000以下(=初期ライフの4分の1以下)という条件は、アニメVRAINSの遊作/Playmakerのスキル「Storm Access」を意識したものだろうか。
  • 「ロールバック」については《トゥーン・ロールバック》を参照。
    コンピュータ用語としては、データの更新処理を行った後で問題が生じた場合、その更新処理を確定せずキャンセルしたり、バックアップを利用したりして更新前の状態に戻すことを指す。
    このサイトのようなWikiの編集において、複数の編集者によって更新の衝突が起きた場合に、古い版を元に更新しようとしたものを中断する処理もロールバックである。
    このカードの場合、サイバース族モンスター除外ゾーンから特殊召喚及び手札戻す効果を、「除外される前の状態に戻す処理(=ロールバック)」として表現しているのだろう。
    • アニメVRAINSでは、遊作/Playmakerがこのカードと同じくロールバック処理をモチーフとする通常罠《トランザクション・ロールバック》を使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイバネット・ロールバック》 魔法 速攻魔法 サイバネット

広告