《スピリット・フォース/Spirit Force》

通常罠
相手ターンの戦闘ダメージ計算時に発動する事ができる。
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
その後、自分の墓地に存在する守備力1500以下の
戦士族チューナー1体を手札に加える事ができる。

 CRIMSON CRISISで登場した通常罠
 戦闘ダメージを0にし、守備力1500以下の戦士族チューナーサルベージできる効果を持つ。

 《ガード・ブロック》ドロー効果サルベージ効果に変わったカード
 そのため運用については《ガード・ブロック》を参照。

 あちら同様にモンスターは守れないが、サルベージ効果があるため、あちら以上にリクルーターサーチャーとの相性はいい。
 特に破壊されたモンスターリクルーターならフィールドモンスターが残り、次の自分ターンサルベージしたチューナーシンクロ召喚を狙える。
 相手フィールドモンスターを残してしまうため、呼び出すシンクロモンスター相手モンスターを処理できるモンスターシンクロ召喚したい。

 とはいえ、戦士族サルベージには速効性のある《戦士の生還》が存在する。
 《ガード・ブロック》と異なり墓地戦士族がない状況ではダメージを防ぐことしかできないため、若干ではあるものの使える状況が限られてしまう。
 防御札としても除去できず1度の戦闘のみと中途半端であるため、採用は厳しいだろう。

関連カード

サルベージ可能なチューナー

収録パック等

FAQ

Q:自分墓地サルベージできるモンスターが存在しない場合でも発動できますか?
A:自分墓地守備力1500以下の戦士族チューナーが存在しない場合でも、《スピリット・フォース》を発動する事ができます。(08/12/06)

Q:墓地カード対象にとりますか?
A:いいえ、対象をとりません。
  効果処理時手札加えるモンスターを選択します。(08/11/16)


Tag: 《スピリット・フォース》 通常罠

広告