《タイム・ストリーム/Time Stream》

通常魔法
(1):自分フィールドの「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、そのモンスターより元々のレベルが2つ高い「化石」融合モンスター1体を、
「化石融合−フォッシル・フュージョン」による融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「化石」融合モンスター1体を除外し、
自分の墓地の「化石」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 COLLECTION PACK 2020で登場した通常魔法
 リリースした化石よりもレベルが2つ高い化石《化石融合−フォッシル・フュージョン》による融合召喚扱いでエクストラデッキから特殊召喚する効果、自身と化石墓地から除外して化石1体を蘇生する効果を持つ。

 (1)はエクストラデッキから化石融合モンスター特殊召喚する効果
 《化石融合−フォッシル・フュージョン》効果扱いなので正規の手段で出した事になり、蘇生制限も満たせる。
 レベル4の「新生代」⇒レベル6の「中生代」⇒レベル8の「古生代」という流れで特殊召喚される。
 化石であれば「化石騎士」か「化石竜」かは問わないので、それぞれをコストにもう片方を特殊召喚する事も可能。
 特に《古生代化石竜 スカルギオス》相手デッキ次第では正規の融合召喚が難しいため、こちらで特殊召喚を狙うケースもままあるだろう。

 (2)は墓地から化石融合モンスター特殊召喚する効果
 コスト用と蘇生用で2体の化石が必要だが、1体は発動時にリリースした化石で賄える。
 ただし、「新生代」と「中生代」は墓地から自身を除外して発動する効果も持つため、そちらを使用した場合はコストが無いケースもある。

  • アニメでは基本的な性能は下記のゲーム版と同じだが、ゲーム版と異なり「化石騎士」以外の化石モンスターにも対応していた。
  • ジムは、このカード効果による特殊召喚を「時を遡り、モンスターを逆進化させる」と表現している。
    化石モンスターが「新生代」⇒「中生代」⇒「古生代」と時代が古くなるほど強力になる設定を考えるに、この「逆進化」という表現は「退化してしまった姿を元に戻す」という意味合いで使用されているのだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズでは2の時点から以下の性能でオリジナルカードとして登場していた。
    ライフポイントを半分払って発動する。
    自分フィールド上に表側表示で存在する「新生代化石騎士」
    または「中生代化石騎士」と名のついた融合モンスター1体を融合デッキに戻し、
    「新生代化石騎士」の場合は「中生代化石騎士」、
    「中生代化石騎士」の場合は「古生代化石騎士」と名のついた融合モンスター1体を
    召喚条件を無視して融合召喚扱いとして融合デッキから特殊召喚する。
    召喚条件を無視して融合召喚扱いとして」という極めて異例のテキストを持っていた。
    このゲームでは「化石竜」は《古生代化石竜 スカルギオス》のみ収録、「化石マシン」は1体も収録されていないため、「化石騎士」の専用サポートカードとなった。
  • OCG化の際には「化石竜」から「化石騎士」またはその逆の移動も可能となり、ライフコストの消滅や(2)の付与など大きく強化された。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《タイム・ストリーム》の(1)の効果リリースするモンスター融合素材として扱いますか?
A:《タイム・ストリーム》の(1)の効果リリースされるモンスター融合素材として扱いません。(20/06/24)


Tag: 《タイム・ストリーム》 魔法 通常魔法

広告