《ダイノルフィア・レクスターム》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/恐竜族/攻3000/守   0
「ダイノルフィア」融合モンスター+「ダイノルフィア」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPの数値以上の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターは効果を発動できない。
(2):自分・相手ターンに、LPを半分払って発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分のLPの数値と同じになる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地からレベル6以下の「ダイノルフィア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性恐竜族融合モンスター
 自分ライフの数値以上の攻撃力を持つ相手フィールドモンスター効果の発動を封じる永続効果ライフコストを払う事で相手フィールドモンスター攻撃力自分ライフと同じにする誘発即時効果破壊された場合にレベル6以下のダイノルフィア蘇生する誘発効果を持つ。

 融合素材の片方にダイノルフィア融合モンスターが指定されているが、【ダイノルフィア】では融合召喚そのものは難しくない。
 《ダイノルフィア・ドメイン》を使用する場合は、あちらの効果《ダイノルフィア・ケントレギナ》を出し、その効果《ダイノルフィア・ドメイン》効果コピーして、《ダイノルフィア・ケントレギナ》を素材に融合召喚を行うことで融合召喚可能。
 《ダイノルフィア・フレンジー》の場合は、相手メインフェイズ限定だが、上記の過程を経ずとも直接融合召喚でき、そのまま制圧が狙える。
 また、《ダイノルフィア・フレンジー》で一度《ダイノルフィア・ケントレギナ》を出し、さらにあちらの効果《ダイノルフィア・フレンジー》効果コピーすることで、《ダイノルフィア・ケントレギナ》とこのカードを並べることができる。

 (1)は相手フィールドモンスター効果の発動の封殺。
 自分ライフ以上の攻撃力を持つものに限定されているが、(2)を使う事でその条件を容易に満たせる。
 元より【ダイノルフィア】自分ライフを減らした上でギリギリで耐える行為を得意とするデッキなので、(2)を使わずとも大型モンスター効果の発動は妨害しやすい。
 干渉できるのはフィールドに限り、手札墓地効果までは影響しない点は注意。
 またフィールドでのモンスター効果も、下記の通り召喚時の誘発効果に対しては(2)とコンボできないため防ぎにくい。

 (2)は相手モンスター攻撃力自分ライフと同じにする効果
 これにより(1)の条件を能動的に満たす事ができ、フリーチェーンなのも相まって(1)が有用な制圧効果となる。
 自分ライフがギリギリな状態ならば軒並み弱小モンスターと化すため、戦闘補助としても役に立つ。
 ただし、弱小モンスター強化してしまう可能性もあり、発動後にフィールドに出たモンスターにも影響しない。

 (3)は破壊された場合におけるレベル6以下のダイノルフィア蘇生
 ダイノルフィアモンスターに共通する効果であり、現状では同名カード以外はすべて範囲内となる。

関連カード

―《ダイノルフィア・レクスターム》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ダイノルフィア・レクスターム》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 恐竜族 攻3000 守0 ダイノルフィア

広告