《デステニー・デストロイ/Destruction of Destiny》

通常罠
自分のデッキのカードを上から3枚墓地へ送る。
この効果で墓地へ送った魔法・罠カード1枚につき、
自分は1000ポイントダメージを受ける。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常罠
 自分デッキの上から3枚のカード墓地へ送る効果、その中の魔法・罠カードの数だけ自分ダメージを受ける効果を持つ。

 《針虫の巣窟》と比較すると墓地へ送る枚数がより少ない上に、デメリットまで付いているため、ほぼ下位互換である。
 カードの種類こそ異なるが、メリット効果も併せ持つ《カードガンナー》《彼岸の旅人 ダンテ》なども存在している。

 ダメージを逆手にとって、《レインボー・ライフ》《マテリアルドラゴン》を絡めて回復するコンボ《H・C サウザンド・ブレード》自己再生などに使う手もある。
 魔法・罠カードの比率の高いデッキなら狙えるが、ダメージ回復に変えるコンボなら《女神の加護》を併用した方が良いだろう。

  • このカードの登場以後、イラストにデュエルディスクやそれを装着する決闘者が描かれたカードが登場するようになる。
    アカデミア仕様ディスク、普及型ディスク、D・ゲイザーとD・パッドと、登場時期によってそれぞれのデバイスは書き分けられている。
  • アニメでは以下のテキストだった。
    通常罠
    デッキからカードを5枚墓地へ送る。
    この効果で墓地へ送った魔法カード1枚につき
    100ポイントのダメージを受ける。
    デッキから任意のカードを5枚選んで墓地へ送るという禁止カード級の効果だった。
    OCG版では大幅に弱体化されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送るのはコストですか?
A:いいえ、効果です。

Q:《天変地異》適用中、デッキトップ魔法・罠カードがありダメージを受ける事が確定している場合、ダメージに対して《地獄の扉越し銃》を使えますか?
A:いいえ、発動できません。(14/09/22)


Tag: 《デステニー・デストロイ》 通常罠

広告