《トークン》(リシド)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

リシド:『奈落の底へ落ちる覚悟を決めよ・・・』

 トークンパック Vol.4で登場したトークンカード
 イラストはリシドと《アポピスの化神》が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて−
    原作・アニメDMの登場人物の一人でイシュタール家の使用人。
    出身は不明とされ元は捨て子であり、当時墓守の儀礼を行う後継ぎとなる男児が出来なかった先代のイシュタール家当主が後継ぎとして育てるが、実子であるマリクの誕生と共に使用人に降格させられる。
    マリク誕生後は当主から虐待を受けるが、拾ってもらった恩義から反抗することはなくイシュタール家の後継者であるマリクを守ることが自身の使命と考えるようになる。
    彼がグールズを結成してからもそれは変わらず、マリクの右腕としてグールズを支える最強のレアハンターとなる。
    バトルシティ編ではマリクの影武者として暗躍し、マリクの分も合わせて計12枚のパズルカードを易々と集めマリクと共に予選を勝ち上がり、決勝トーナメントにて城之内とデュエルを行なう。
    レアハンター最強の名に恥じぬ腕前で城之内を追い詰めるも、マリクの指示で《ラーの翼神竜》コピーを使用したことによりの怒りに触れ、気絶してしまったことにより敗北する。
    その後長い間昏睡状態となったが、バトルシティ決勝戦の「闇遊戯vs闇マリク」戦にて意識を取り戻して彼らのデュエルに立ち会い、マリクが闇マリクから肉体の主導権を奪い返すきっかけを作る。
    デュエル終了後、イシズの計らいで正式にイシュタール家の一員に迎えられた。
  • デュエリストとしての実力は高く、バトルシティ決勝トーナメントに必要なパズルカードを1人で2人分の12枚を取得する他、「vs城之内」戦では自身のデッキの天敵である《人造人間−サイコ・ショッカー》に対しても冷静に対処している。
  • 顔の左半分の古代文字の文様は、墓守の儀礼によって受けたマリクの苦痛を共有するために自ら刻み込んだものであり、それがマリクの闇人格を抑え込む鍵となったが彼が気を失うと闇マリクが出現するようになってしまう。
    それ故、闇マリクからは存在を疎まれ昏睡状態の時に抹殺されそうになるが闇マリクの気紛れや闇バクラの妨害などにより生存することになる。
  • アニメ版では、本編の数年前に義両親の愛情を奪うきっかけとなったマリクを憎み、抹殺しようとするも良心から中止し、その後マリクが自分を兄のように慕う姿を目の当たりにして抹殺を試みた己の行動を恥じ、彼に謝罪するシーンが追加されている。
  • ボスであるマリクを含み、卑劣な手段を好むグールズのデュエリストとしては珍しく、正々堂々とした姿勢を信条とする高潔な精神の持ち主。
    「闇遊戯vs闇バクラ」戦において、マリクの策略で獏良の表人格を盾にする事で遊戯に攻撃を躊躇わせた際に憂いのある心情を見せたり、「vs城之内」戦では、《ラーの翼神竜》コピーの使用をマリクに促されるも、一度はそれを拒否する描写もあった。
  • 対戦相手である城之内からは、その実力と高潔な精神から「真のデュエリスト」と評価されるものの、同時に自らがマリク本人ではない事を見破られる切っ掛けとなった。

関連カード

収録パック等

広告