《トークン》(天上院明日香)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

明日香:『ブルー女子の力、見せてあげるわ!』

 トークンパック Vol.3で登場したトークンカード
 イラストは天上院明日香と《サイバー・エンジェル−荼吉尼−》が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて−
    アニメ・漫画GXにおけるメインヒロインであり、天上院吹雪の妹。
    細かな設定は異なるが、両作品ともにデュエルアカデミアの女子生徒(ブルー女子)ではトップの腕前を持つオベリスクブルーに所属する生徒という点には変わりない。
    凛とした性格で誰とも対等に渡り合い、時には男性をも委縮させる気の強さを持つ。
    アニメ版では万丈目に、漫画版では三沢に惚れられているが、本人は「決闘に恋している」と言ってしまうほど恋愛に興味を持っていない。
    ただし、劇中描写からすると十代に密かに好意を抱いていた可能性もあるが、詳細は描かれないままとなった。
    卒業後の進路は不明だが、ダークネスの悪夢の世界にて、教師としてデュエルアカデミアの生徒に慕ってもらえないことを悩むシーンがあったことから、デュエルアカデミアの教員志望だと思われる。
  • 兄の吹雪は当初行方不明になっていたため、放課後に吹雪の友人である亮と二人でアカデミアにある灯台で相談していた。
    後に刺客「セブンスターズ」の一員であるダークネスを倒した際に、その正体がダークネスに乗っ取られた吹雪であることが分かり、以降はともに学園内で過ごしている。
    色恋沙汰にちょっかいを出して事態をややこしくしたり、明日香のアイドルデュエリスト転向を勝手に進めたりと、お調子者の吹雪にはしばしば迷惑を掛けられ明日香も呆れている。
    ただし、幼少時から一緒に遊ぶなど本質的には仲の良い兄妹である。
  • 十代には入学試験デュエルでクロノスに勝った時から注目しており、好奇の視線を向けていた。
    クロノスが十代を女子寮ののぞきに仕立て上げようとした事件の絡みで十代とデュエルし、以降はしばしば十代周辺の事情にも首を突っ込むようになる。
    同年代の男性は基本的にくん付けで呼ぶが、十代だけは呼び捨てしており、その関係の特別性が窺える。
  • ブルー女子では人気が高く、男子のみならず他のブルー女子からも羨望の目線で見られている。
    万丈目以外にもボーイや神田など、明日香に好意を持っている人物がしばしば現れている。
  • ブルー女子の中では枕田ジュンコ、浜口ももえの2人と仲が良い。
    ジュンコとももえからも憧れの目で見られ、さん付けで呼ばれているが、明日香はそれに驕ることなく対等な友人として接している。
  • 作中随一の常識的な性格で、ギャグシーンでは他の人物に振り回される側として描かれることが殆どである。
    しかし、卒業記念デュエルでは自分勝手な十代に苛立っていたところにレイの挑発に乗り、タッグデュエルを乱して剣山を困惑させるなど、稀にギャグシーンに絡む場合もある。
    翔や隼人と共にもけ夫のやる気をなくす能力に呑まれた際には、「戦いは良くないわよ、ピースでいこうねー」とまるで明日香らしくない呑気な台詞を発している。
  • アニメARC-Vには設定を変更した上で登場している。
    本編以前にはアカデミアに所属しており、他次元の侵略行為も「理想郷を作るため」と信じており、それによる犠牲も仕方ないと割り切るなど、洗脳教育を受けていた状態であった。
    しかし、友人からの報告で侵略行為が残虐な行いである事を知って共に脱走、その結果友人が自分の目の前でカード化される有様を見たことでアカデミアの実態を知った。
    本編の時間軸ではアカデミアに反旗を翻すレジスタンスの様な立場となり、遊矢たちに協力した。
  • アカデミアに所属していた頃は優秀な成績を収めていたようで、優秀なデュエリストに配布される優等生デッキを貰える立場にいたことがユーリから示唆されている。

関連カード

収録パック等

広告