《ドラグニティ−クーゼ/Dragunity Couse》

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 200
このカードをS素材とする場合、「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):フィールドのこのカードをS素材とする場合、
このカードのレベルを4として扱う事ができる。
(2):このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した風属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 シンクロ素材時にレベル4としても扱えるルール効果装備カードとなっている自身を特殊召喚できる効果を持つ。

 《ドラグニティ−ファランクス》と同じく、装備カード状態から特殊召喚できる効果を持つ。
 あちらと同様に、墓地のこのカード装備できる《ドラグニティ−ドゥクス》等とのセットで運用するのが基本となるだろう。
 更にレベル4としても扱える効果を併せ持つが、シンクロ召喚先がドラグニティに限定されているため、出せるシンクロモンスターの幅は《ドラグニティ−ファランクス》より大幅に狭い。
 《ドラグニティナイト−ハールーン》を経由すればこの欠点はなくなるが、レベル2かレベル4のモンスターが必要となる。

 《ドラグニティ−ファランクス》ではシンクロ召喚しにくい、高レベルドラグニティシンクロモンスターを出せるのがこちらのメリットとなる。
 《ドラグニティ−ドゥクス》とのセットであれば、《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》経由では出せない《ドラグニティナイト−バルーチャ》シンクロ召喚可能。
 同じく《ドラグニティ−ドゥクス》とのセットから、《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》または《ドラグニティナイト−バルーチャ》を経由してレベル10ドラグニティシンクロ召喚もできる。

 攻めに転じる場合は回数制限のない除去能力を持つ《ドラグニティナイト−アスカロン》を、守りに転じる場合は制圧効果を持つ《ドラグニティナイト−アラドヴァル》を出すといい。
 このカード《ドラグニティ−ファランクス》墓地に1枚あれば仕事はできるので、両方を採用し、枚数はデッキ環境と相談するべきだろう。

  • 「クーゼ(Couse又はKuse)」とは、薙刀の一種であるグレイヴを大型化した武器のことである。
    同じくグレイヴを大型化したフォシャールと比べると儀礼的な意味合いが強く、ヨーロッパではパレードなどに使用されていた。
    一般的にはフォシャールと共にまとめてグレイヴと呼ばれ、クーゼという名前は主にドイツなどで呼ばれている。
  • このモンスターの頭の形状はまさに「クーゼ」そのものである。

関連カード

―《ドラグニティ−クーゼ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ドラグニティ−クーゼ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 風属性 ドラゴン族 攻1000 守200 ドラグニティ

広告