《ドラゴンメイドのお片付(かたづ)け》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体と
相手のフィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 RISE OF THE DUELISTで登場する通常罠
 自分フィールドドラゴン族相手フィールド墓地カード1枚を対象発動し、そのカード持ち主手札に戻す効果墓地の自身を除外して手札墓地ドラゴンメイド守備表示特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は自分フィールドドラゴン族相手フィールド墓地カード手札に戻す効果
 フリーチェーンで妨害できる上、ドラゴンメイドなら召喚・特殊召喚に成功した場合の効果の再利用を狙える。
 《バイス・ドラゴン》などの特殊召喚が容易なドラゴン族バウンスすれば再び展開でき、無駄なく使える。
 《ドラゴンメイド・ハスキー》の(2)の効果トリガーにもなる。
 除去に対する回避手段として用いることもできる。
 もしくはこのカード《ドラゴンメイドのお見送り》などをチェーンし、対象にしたモンスターを先にバウンスして消費を抑えるのも手。

 (2)は手札墓地ドラゴンメイド特殊召喚する効果
 フリーチェーンで展開でき、効果無効にならないため下級ドラゴンメイド特殊召喚すれば特殊召喚に成功した場合の誘発効果発動を狙える。
 守備表示特殊召喚するものの、下級ドラゴンメイドならスタートステップ最上級ドラゴンメイドに変換できるため、攻め手が遅れるということも少ない。
 《ドラゴンメイド・パルラ》で直接墓地へ送ることで即座に使える。

 (1)(2)は1ターンに1度どちらかしか発動できない点は注意。
 (2)を目当てにする場合、《ドラゴンメイド・パルラ》《おろかな副葬》で直接墓地へ送って展開札とするのもよい。

 《ドラゴンメイド・チェイム》とは相性が良く、あちらでサーチしてセットすれば(1)の発動条件が整う。
 手札に戻した《ドラゴンメイド・チェイム》を次のターン召喚、または(2)で特殊召喚すれば2枚目のこのカードサーチでき、次のターンに再び妨害できる。
 この動きは他のドラゴンメイドを必要としないので、【ドラゴン族】などにセットで出張する事も考えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ドラゴンメイドのお片付け》 通常罠 ドラゴンメイド

広告