《ネメシス・コリドー/Nemeses Corridor》

効果モンスター
星4/風属性/雷族/攻1900/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
(2):「ネメシス・コリドー」以外の除外されている
自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した風属性雷族下級モンスター
 手札から特殊召喚し、除外されている同名カード以外の自分モンスターデッキ戻す起動効果同名カード以外のネメシスモンスター除外ゾーンからサルベージする起動効果を持つ。

 基本的な性能は《ネメシス・フラッグ》に準ずるので主な運用法はあちらを参照。

 相違点は、このカードは(2)の対応先が除外ゾーンである点。
 ネメシス下級モンスターが(1)の共通効果除外ゾーンのモンスターを必要するため、そのモンスターが減るのはややアンチシナジーではある。
 一方、特殊召喚モンスター召喚条件をクリアすれば、除外ゾーンにモンスターが一気に3体溜まるので発動条件自体は満たしやすい。

 固有の利点を述べるとすれば、容易に手札効果発動できる雷族である点だろう。
 《超雷龍−サンダー・ドラゴン》特殊召喚条件とそのリリースが1枚で用意できる。

 【サンダー・ドラゴン】ではさらに《雷神龍−サンダー・ドラゴン》除去効果トリガーとしても使いやすい。
 除外サーチを積極的に行うデッキなので、こちらの発動条件を満たしつつ、デッキ戻したサンダー・ドラゴンの再利用へ繋げられる点でもシナジーする。

 その他、特殊召喚しやすいレベル風属性なので《電光千鳥》エクシーズ素材としても使いやすい。
 【スピードロイド】も比較的除外を多用する【風属性】なので投入を検討できるか。
 上記【サンダー・ドラゴン】に限らず、初手から積極的に除外を行うデッキであれば、扱いやすいレベル4ということもあり《超雷龍−サンダー・ドラゴン》と共に出張できるだろう。

  • コリドー(corridor)は「廊下」を意味する英単語だが、下級ネメシスの名前は保全生態学用語に由来しており、それを踏まえると「緑の回廊」がモチーフと考えられる。
    「野生動物の生息域は、狭い場所が散在するより広大な領域が1つ存在するほうが生物の多様性の保全に有利である」という考えに基づき、それらを接続する細長い森林、水域のことを言う。
    自然に形成されたものに対してもこの語を使うが、基本的には人工的に形成されたものを指す。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ネメシス・コリドー》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 雷族 攻1900 守600 ネメシス

広告