《バラガール/Rose Girl》

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 800/守 600
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の植物族モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに植物族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場した地属性植物族下級モンスターチューナー
 植物族墓地へ送られた場合に自身を手札から特殊召喚する誘発効果植物族が存在する場合に自身をサルベージする起動効果を持つ。

 (1)は自身を手札から特殊召喚する効果
 トリガーとなる行為は相手からの除去だけでなく、シンクロ召喚リンク召喚など能動的なものも多い。
 また、【植物族】におけるキーカード《ローンファイア・ブロッサム》は自身の効果トリガーとなるため相性が良い。

 【植物族】では特殊召喚が容易なチューナーとして扱え、トリガーとなったシンクロ召喚したモンスターとで更なる高レベルシンクロ召喚も可能。
 その他、《水晶機巧−ハリファイバー》リンク素材ナチュルシンクロ素材《メリアスの木霊》エクシーズ素材としても有用。

 (2)は自身をサルベージする効果
 植物族が存在する場合と発動条件は非常に緩く、【植物族】では発動機会には困らないだろう。
 植物族を安定して用意できるなら、エラッタ前の《キラー・スネーク》の様に毎ターン使える手札コストとして扱うことも可能。

 どちらの効果【植物族】では有用であり、1枚で使い回しを狙えるが、1ターンに片方しか発動できない。
 そのため、(1)で展開して墓地へ送った場合、(2)で回収できるのは次のターンであり、再び(1)で展開できるのは更に次のターンとなる。
 通常の【植物族】においてこの効果だけで使い回しを狙うのはいささか時間がかかりすぎると言えるだろう。
 そのため、(2)で回収した後は他のカード特殊召喚するか、召喚権をこのカードに充ててタイムラグを埋めたい。
 あるいは、始めから長期戦を狙った構築にしてタイムラグの影響を相対的に抑えるのも手か。

収録パック等


Tag: 《バラガール》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 植物族 攻800 守600

広告