《ファイアウォール・ディフェンサー》

効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1200/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ファイアウォール・ディフェンサー」以外の「ファイアウォール」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの「ファイアウォール」モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する闇属性サイバース族下級モンスター
 サイバース族リンク素材として墓地へ送られた場合に同名カード以外のファイアウォールリクルートする効果ファイアウォールモンスター効果破壊身代わりとして墓地から自身を除外できる効果を持つ。

 (1)の展開制限と効果から、一定数のファイアウォールメインデッキに採用した純【サイバース族】での使用となる。
 幸い、他のファイアウォール【サイバース族】では汎用的な効果を持つので、そこまで特化した構築でなくとも良いだろう。

 (1)は同名カード以外のファイアウォールリクルート
 このカード1枚からでも《リンク・ディサイプル》《リングリボー》などのリンクモンスターリンク召喚できるため、トリガーを満たすのは容易い。
 後続のファイアウォールモンスターを使用して更なる展開が狙えるため、このカード召喚権を割く価値も十分にあると言えよう。
 ただし発動後のみならず発動前もサイバース族以外の特殊召喚が行えないので、他種族の汎用モンスターとの併用はやや難しい。

 リクルート先はいずれもリンク素材として墓地へ送られた場合の効果を持つため、基本的には更なるリンク召喚を行う事となるだろう。
 自己再生可能な《ファイアウォール・ガーディアン》リクルートすれば、実質このカード1枚がモンスター3体分に化ける。
 これに《スプラッシュ・メイジ》《トランスコード・トーカー》蘇生効果も組み合わせれば、このカード1枚からリンク5や6といった高リンクへと繋がる。

 (2)はファイアウォールモンスター効果破壊身代わり
 通常召喚モンスターは維持を狙うモンスターではないため、基本的にはエクストラデッキファイアウォールの維持に使う事になる。
 戦闘破壊バウンス除外など、防げないものも多く穴は大きいが、それでもあって困る効果でもなく、戦線維持には役立つ。
 攻撃力1200なので《コード・ジェネレーター》墓地へ送ることもできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイアウォール・ディフェンサー》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 サイバース族 攻1200 守1500 ファイアウォール

広告