《ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティ》

リンク・効果モンスター
リンク6/闇属性/サイバース族/攻3500
【リンクマーカー:左上/上/右上/左/右/下】
効果モンスター3体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分のフィールド・墓地のモンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数まで、
相手のフィールド・墓地のカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
このカードの攻撃力は戻した数×500アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合、
自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する闇属性サイバース族リンクモンスター
 自分フィールド墓地モンスターの種類の数まで相手フィールド墓地カードバウンスしてその数×500自己強化する効果リンク先モンスター戦闘破壊または墓地へ送られた場合にサイバース族1体を蘇生する効果を持つ。

 素材の指定自体は緩いが、リンク6なので流石に重さはある。
 単にリンク召喚するだけならば少ない消費でも可能だが、(1)(2)共にフィールド墓地に他のカードの存在が求められるため、その点も計算に入れる必要がある。
 同リンク《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の様に単独でアタッカーになる耐性除去効果は持たないので、採用する場合はこのカードの存在を念頭に入れた構築となるだろう。
 (1)とのシナジーを踏まえるならば、儀式融合シンクロエクシーズリンク素材に絡めるのが理想だが、更に消費が嵩みやすい。
 特殊召喚自体には制限は無く、効果リンク召喚自己再生も絡まないため、カードの効果で直接特殊召喚するのも手。
 予め自身を墓地へ送っておく必要はあるが(蘇生制限を満たす必要はない)、《サイバネット・サーキット》ならばフリーチェーンでの特殊召喚が行える。

 リンクマーカーの向きがやや特殊なため、特殊召喚する位置は意識したい。
 エクストラモンスターゾーンに置くと相手リンク先を増やしてしまい、自分フィールドに向くリンクマーカーが下方向のみとなるので後続のリンクモンスターを展開しにくくなる。
 一方で(2)で参照するモンスターの数も増えるため、他に自分モンスターがおらずとも(2)の発動が狙えるようになる。

 (1)はモンスターの種類に応じたバウンス自己強化
 リンク6のこのカードを出した上で更に該当するモンスターフィールドに並べるのは流石に難易度が高く、基本的には墓地で賄う事になるだろう。
 蘇生制限を満たす必要はないので、事前にデッキエクストラデッキから該当するモンスター墓地へ送っておくのも良い。
 バウンス先は相手フィールド墓地と幅広く、カードの種類や表裏も問わないフリーチェーンのため、単純な除去だけでなく制圧・妨害にも利用できる。
 戻した数×500だけ永続的に自己強化されるので、複数回発動できれば極めて高い攻撃力も見込める。

 (2)はサイバース族蘇生
 能動的に発動するならばリンク先自分モンスターを配置し、適当な素材やコストとして使用するのが良い。
 ただ、リンク6のこのカードに加えて別にモンスターが必要となるため、相当な展開力は求められる。
 上記の通り、エクストラモンスターゾーンに配置すれば相手モンスターを利用でき、この場合はこのカードでそのモンスター戦闘破壊するのが最も理想的な流れとなる。
 また、相手ターンでは相手の素材利用やリリースをある程度牽制する事もできるだろう。

  • イラストの背景には、「闇」「炎」「水」「地」「風」「光」の6つの属性を表しているともとれる色が確認できる。
    アニメVRAINSにて登場した、それぞれの属性に対応するイグニスたちを意識したものだろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク6 闇属性 サイバース族 攻3500 ファイアウォール

広告