《ブロッサム・ボンバー/Blossom Bombardment》

通常罠
自分フィールド上に存在する植物族モンスターが
戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動する事ができる。
その戦闘で破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 THE SHINING DARKNESSで登場した通常罠
 自分フィールド植物族モンスター戦闘破壊した相手モンスター攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

 植物族専用の《ニトロユニット》と言える。
 こちらは罠カードなので即効性に劣り、サーチ手段は《トラップトリック》位しかない。
 その代わり、対象耐性のあるモンスター裏側守備表示モンスター戦闘破壊した場合に使えるという利点はある。
 ダメージステップに使えるため、発動を妨害される恐れも少ない。

 使用するなら弱体化を組み合わせたい。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》の(2)の効果攻撃力を0にした後、植物族戦闘破壊すれば直接攻撃以上のダメージを与えられる。
 《ブラック・ガーデン》攻撃力を半減させた後、ローズ・トークン破壊して植物族蘇生し攻めてもいい。
 《スプレンディッド・ローズ》攻撃力を半減できるため、戦闘破壊しやすく追撃も狙える。
 通常の【植物族】ではスペースを割き辛いが、【ビートバーン】色を強めた【植物バーン】であれば火力として採用は見込めるかもしれない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド植物族モンスター戦闘相手モンスター相打ちになったとき、このカード発動できますか?
A:その場合このカード効果発動するタイミングにて、戦闘によって相手モンスター破壊したモンスター自分フィールドに存在しない事になりますので、発動する事はできません。(10/10/28)


Tag: 《ブロッサム・ボンバー》 通常罠

広告