《ペアサイクロイド/Pair Cycroid》

融合・効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻1600/守1200
同名の機械族モンスター×2
(1):このカードは直接攻撃できる。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した地属性機械族融合モンスター
 機械族同名カード2体を融合素材融合召喚でき、直接攻撃できる永続効果を持つ。

 直接攻撃効果を持つため、《パワー・ボンド》融合召喚すれば3200のダメージが入り、《超融合》《瞬間融合》融合召喚すれば融合素材攻撃に1600のダメージを追加できる。
 しかし、攻撃を妨害される可能性や、攻撃力が低く場持ちが期待できないことも相まって、融合召喚によるカード消費に見合った融合モンスターであるかはやや疑問が残る。

 融合素材の指定が非常に緩く、元から融合召喚を戦術に取り入れている【機械族】ならば融合召喚自体は難しくない。
 しかし、【サイバー・ドラゴン】の場合は、《サイバー・ツイン・ドラゴン》も出すことができる場合が多く、あちらの方が出せるダメージが高くなる場合が多い。
 【ビークロイド】でも、このカード《ビークロイド・コネクション・ゾーン》に対応していないため、《パワー・ボンド》などを採用する必要が出る。
 【古代の機械】でも《古代の機械魔神》融合召喚したほうが都合がいい状況が多いだろう。
 【起爆獣ヴァルカノン】ならば、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》制限カードなので、それに代わるフィニッシャーとして採用の余地はあるかもしれない。

 やや特殊な例として、【幻獣機】では幻獣機トークン融合素材に使えるため融合召喚は容易であり、比較的採用しやすい。
 ただし、エクシーズ召喚シンクロ召喚を両方行う同デッキではエクストラデッキの枠が大きく取られるため手放しの採用はできず、この場合同じ融合素材《始祖竜ワイアーム》を出すこともできる。
 他のデッキエクストラデッキの枠が厳しい場合が多く、このカードを入れるメリットとの釣り合いは考えなければならない。

 素材としての運用に限定する場合は、《簡易融合》で出すのが手っ取り早い。
 ただし、同レベル機械族には自壊除去にも変換できる《重装機甲 パンツァードラゴン》や、《簡素融合》でも出せる分だけアクセス手段が多い《メカ・ザウルス》が存在する。
 特に後者は属性まで同じなので、効果の有用性やロイドに属する点で差別化したい。
 《スーパービークロイド−モビルベース》融合素材《アーマロイドガイデンゴー》リリース要員として活用できるのはこちらならではの利点と言えよう。

 だが、その用途だと今度は《簡素融合》に対応する《スチームジャイロイド》も存在している。
 いざと言う時に正規融合で出せなくもないこと、直接攻撃ダメージが狙える分蘇生《ミキサーロイド》などで特殊召喚した際に有用性が高いことはこちらの利点。
 《スチームジャイロイド》の利点は《融合派兵》《スチームロイド》を出せるなど融合素材サポートに対応するところ辺りである。
 そもそも《簡易融合》制限カードであるため、併用の選択肢も充分視野には入る。

  • モチーフは2人乗り用の自転車で、正確には「タンデム自転車(タンデム車)」と呼ばれる。
    スピードが速いために自転車競技で使われ過去にはオリンピックでも正式採用されていたほか、各種の公園やレジャー施設などでも貸し出されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ペアサイクロイド》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星5 地属性 機械族 攻1600 守1200 ロイド

広告