《ライトローミディアム》

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 400/守 300
(1):相手バトルフェイズ開始時に、相手フィールドの攻撃表示モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
このカードが自分のモンスターゾーンに存在する限り、
このターン、対象のモンスターは攻撃可能な場合、このカードを攻撃しなければならない。
(2):1ターンに1度、このカードが相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その相手モンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 DIMENSION FORCEで登場した光属性天使族下級モンスター
 相手バトルフェイズ開始時相手モンスター攻撃を強制する誘発効果攻撃表示モンスター戦闘を行う攻撃宣言時に攻撃無効にし、相手モンスター元々の攻撃力の半分のダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は相手モンスター攻撃を強制する効果
 (2)の効果に繋がるものの1回の攻撃しか凌げないため、《オネスト》など他のカードを併用しないと抑止力にならない。
 特に耐性がある訳でもないので、発動前のメインフェイズ1除去される可能性も高く、それ以前にバトルフェイズに入らなければ攻撃強制も行えない。
 こちらの効果を有効に使いたいなら《燃え竹光》等でメインフェイズ1スキップする、あるいはバトルフェイズ開始時にこのカード特殊召喚することが前提となるだろう。
 同名カードでの効果発動に制限は存在しないため、《地獄の暴走召喚》等で複数体を並べそれぞれが相手モンスター全てを対象にできれば簡易的なロックも可能。

 (2)は自身が行う戦闘無効にし、相手元々の攻撃力の半分のダメージを与える効果
 相手攻撃だけでなく自分攻撃時にも使えるため、能動的にダメージを与える事も可能。
 しかし、元々の攻撃力を参照するため送りつけを併用しても基本的には1ターンキルに届かない。
 フィールドでの元々の攻撃力を参照するため、元々の攻撃力が16000を超えた《メガロック・ドラゴン》送りつければ8000以上のダメージを与えることは可能にはなる。
 こちらは《ミスフォーチュン》のようなバーン効果と捉えて使うことになるだろう。

 どちらの効果も、攻撃表示モンスターに対してしか発動できない。
 壊獣とはその全体的な攻撃力の高さと相まって相性がいい半面、守備表示を崩さず戦闘を行える超重武者などは天敵となる。

  • カード名の「ミディアム」は、「霊媒師(medium)」のことと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    初出はDM3の独自システム「コンストラクション」で作れるモンスターの一種。
    このゲームではデュエル勝利時に通常のカードに加え、モンスターの上半身または下半身のパーツが入手でき、更に上下のパーツを組み合わせてオリジナルのモンスターを作成できる。
    上半身・下半身ともに140種類のパーツがあり、No69の上半身(ライトロー)とNo69の下半身(ミディアム)を合わせたものが《ライトローミディアム》となる。
    続くDM4ではコンストラクションは廃止されたが、このカードを含む7体の元コンストラクションモンスターが普通のモンスターとして収録されている。
    DM3・4ともに通常モンスターで、DM4では「かざしたてから げんわくビームをはっしゃして あいてをみりょうしてしまう」というフレイバー・テキストがある。
  • DM3では水族で、属性に相当する召喚魔族は雷魔族という、外見と関連性のない設定となっている。
    これはコンストラクションモンスターのレベル・召喚魔族・種族・攻守が完全なランダムに設定されているためである。
    DM4では天使族・白魔族という妥当な設定となり、OCGでもこれが踏襲されている。
    また、OCGのこのカードパスワードもDM4で使われているパスワードと同じになっている。
  • ゲームからイラストの衣装が変更されており、ゲーム内では下腹部が黄金の鎧で隠れているため肌露出が非常に多く見えるが、OCGでは紫色のビキニを着用していることが明確になっている。

関連カード

―元コンストラクションモンスター

収録パック等


Tag: 《ライトローミディアム》 モンスター 効果モンスター 星2 光属性 天使族 攻400 守300

広告