《レッド・ノヴァ/Red Nova》

チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/天使族/攻   0/守   0
「レッド・ノヴァ」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがチューナー2体以上を素材とする
S召喚に使用され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから悪魔族・炎属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した炎属性天使族下級モンスターチューナー
 レベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる召喚ルール効果、他のチューナーと共にシンクロ素材となり墓地へ送られた場合に炎属性悪魔族モンスターリクルートする誘発効果を持つ。

 (1)の特殊召喚効果だけが目当てなら、同じレベルで条件が緩く、《コール・リゾネーター》サーチも容易な《シンクローン・リゾネーター》で十分である。

 (2)はチューナーを複数体使うシンクロモンスターシンクロ素材となった場合の炎属性悪魔族リクルート
 条件となるシンクロモンスターは限られており、このカードを含む3体が必要となるため、組み合わせを考慮しないと発動自体難しい。
 《デブリ・ドラゴン》蘇生させ、《簡易融合》レベル5を出すなどして《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》を出すのが楽だろう。
 《ブリリアント・フュージョン》で出した《ジェムナイト・セラフィ》を使えば召喚権を温存することもできる。
 《武力の軍奏》でこのカード蘇生させてもいい。
 (1)の効果も組み合わせるなら【レッド・デーモン】系統のデッキリゾネーターと組み合わせるのも手だろう。

 リクルートしたモンスター守備表示特殊召喚されるためアタッカーにも使えず、各種素材にするか効果を活かすのみになる。
 シンクロ素材として使うことも考慮すればレベルの高いモンスターも組み込みにくい。
 有力なリクルート先としては、ライフ回復を見込める《レッド・リゾネーター》程度である。
 使える効果はないものの、《レッド・スプリンター》《レッド・ウルフ》などであればリゾネーターとの併用はし易いため、それらを呼び出して素材にしてもいい。
 1ターン中の発動回数に制限はないので、《シンクロキャンセル》の後に再びシンクロ素材にすれば、複数回のリクルートから更なるシンクロ召喚を狙える。
 (1)の効果などで特殊召喚した時に《地獄の暴走召喚》を使って2体以上並べれば、シンクロ召喚の条件を満たしつつ同時に2体以上のモンスターリクルートする動きも狙える。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6において、OCG化に先駆けゲームオリジナルカードとして登場した。
    この時はアニメと同じ召喚ルール効果しか持っていなかった。

関連カード

このカードシンクロ素材にできる、チューナー2体以上をシンクロ素材とするシンクロモンスター

レベル12

レベル10

レベル

リクルートできる炎属性悪魔族モンスター

チューナー

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《レッド・ノヴァ》と《幻影王 ハイド・ライド》で、《アームズ・エイド》シンクロ召喚した場合、《レッド・ノヴァ》の(2)のモンスター効果発動する事はできますか?
A:質問の状況の場合、《アームズ・エイド》シンクロ召喚するためには、《幻影王 ハイド・ライド》モンスター効果適用し、チューナー以外のモンスターとして扱ってシンクロ召喚を行う事になります。
 この場合には、チューナー2体以上を素材とするシンクロ召喚に使用された扱いにはなりませんので、《レッド・ノヴァ》のモンスター効果発動する事はできません。(16/05/13)

Q:このカード地属性チューナーシンクロ素材《XX−セイバー ガトムズ》シンクロ召喚した場合に発動できますか?
A:はい、発動できます。(16/05/15)

Q:このカード地属性として扱われている《幻影王 ハイド・ライド》を含むモンスターシンクロ素材《XX−セイバー ガトムズ》シンクロ召喚した場合に発動できますか?
A:《幻影王 ハイド・ライド》の自身の効果適用せずにシンクロ召喚したのであれば発動できます。(16/05/15)


Tag: 《レッド・ノヴァ》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 炎属性 天使族 攻0 守0

広告