《レプティレス・エキドゥーナ/Reptilianne Echidna》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/爬虫類族/攻 200
【リンクマーカー:左/右下】
爬虫類族モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
相手フィールドの攻撃力0のモンスターの数まで、デッキから爬虫類族モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は爬虫類族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 LINK VRAINS PACK 3で登場した闇属性爬虫類族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に相手モンスター1体の攻撃力を0にする誘発効果攻撃力0の相手モンスターの数まで爬虫類族サーチする起動効果を持つ。

 (1)は相手モンスター1体の攻撃力を0にする効果
 レプティレスには、攻撃力0に関するモンスター効果を持っているものが多くシナジーする。
 このカード単体でも(2)の効果サーチする枚数を増やせるため機能する。
 またほぼ確実に戦闘破壊できるようになるため、単純な戦闘補助とするのもよい。

 (2)は爬虫類族モンスターサーチする効果
 相手フィールド攻撃力0のモンスターの数までサーチできるため、このカードの(1)の効果や他のカードの効果を使ってサーチ枚数を増やしたい。
 《レプティレス・ヒュドラ》は2種類の効果どちらも相手モンスター攻撃力を0にでき、特に(1)の特殊召喚効果を使えばこのカードリンク素材になるため相性が良い。
 《墓地墓地の恨み》《ゼロ・フォース》などで強制的に攻撃力0にしたり、《おジャマトリオ》などで攻撃力0のトークン送りつけたりするといった手を使うのも良い。

 難点として、爬虫類族以外のエクストラデッキからの特殊召喚が封じられる。
 爬虫類族エクストラデッキモンスターには大型モンスターが多いわけではないため、サーチ後の展開から勝負を決められるような状況を作りにくい。
 発動タイミング及びその前の展開は自由であり、(1)の効果で大ダメージを狙えるのであらかじめ別の大型モンスターを用意しておくといい。

 爬虫類族サーチカードとしては《キングレムリン》も存在する。
 このカードは(2)のサーチ特殊召喚に関する制限があり、そもそも相手フィールドモンスターがいない場合に発動できないため、【爬虫類族】以外で使用する場合にはあちらが扱いやすいだろう。
 【爬虫類族】ではデッキタイプに合わせて選択する、あるいは併用するのがよいだろう。

 攻撃力が低く相手ターンに棒立ちさせるには不安が残り、特に(2)を発動したターンには処理するのが難しい。
 《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》リンク素材として墓地へ送る《毒蛇の供物》セットしておくなど対策は講じておきたい。

  • 名前の由来は、ギリシャ神話に登場する怪物「エキドナ」だろうか。
    テュポーン(テュポンとも)との間にケルベロスなど多くの怪物の子供を作っている。
    エキドナ(Echidna)の容姿は、上半身が美女で下半身は蛇の怪物とされ「蝮の女(まむしのおんな)」が名前の由来である。
    「神統記」においては、クリューサーオールとオーケアニデスのカリロエーの娘とされるが、この出自は様々な異説がある。
    不死の存在と畏怖され、ペロポネーソスで家畜を襲っていた時に、百眼の巨人アルゴスに殺されたという説もある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《レプティレス・エキドゥーナ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 爬虫類族 攻200 レプティレス

広告