《ワーム・ホール/Dimensionhole》

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択した自分のモンスターを次の自分のスタンバイフェイズ時までゲームから除外する。
ゲームから除外している間、そのモンスターカードゾーンは使用できない。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した通常魔法
 自分モンスター1体を次の自分スタンバイフェイズまで除外する効果を持つ。

 一定期間だけ除外する効果の開祖。
 類似効果を持つ《亜空間物質転送装置》と異なり通常魔法であるため、相手除去チェーンして除外し回避する使い方ができない。
 即効性という点でも《星遺物を巡る戦い》が存在するため、あちらには使えない元々の攻撃力と守備力が共に0か?のモンスターとのコンボで差別化する必要がある。
 具体的には、《フォーチュンレディ・ライティー》《青き眼の乙女》《破壊竜ガンドラ》などが挙げられる。

 ただ、同じ動きを繰り返しできる《刻剣の魔術師》も存在しており、優先順位は低い。
 《刻剣の魔術師》モンスターでありフィールドに出す手間があるため、1度だけの使用ならこのカードの方が使いやすい。

  • 「ワームホール」とは、時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域とされる。
    トンネルのような抜け道を通る構造が、リンゴの虫食い穴をイメージさせることから命名された。
    天文学においてはホワイトホールと同様、実証されていない仮定を多く含み、妥当性は乏しい。
    ただ、人間が利用できるようなワームホールの実現は、恒星間や銀河間のような超遠方への移動を可能にする手段になりえることから、考察が進められている。
    なお、このカードの効果は、「対象モンスターの時空間を次のスタンバイフェイズへ捻じ曲げる」という意味合いであると思われる。
  • アニメGXにおいて「十代vsツバインシュタイン」戦でツバインシュタインが使用。
    《魔界算術師ラプラス》を除外してあちらの効果トリガーとした。
  • アニメ5D'sやアニメARC-Vでは実物のワーム・ホールが登場している。

関連カード

―類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果除外したモンスターを、別のカードの効果特殊召喚した場合どうなりますか?
A:このカードの効果が打ち切られ、そのモンスターゾーンも使用できるようになります。

Q:《精神操作》等で一時的にコントロールを奪ったモンスター除外した場合、戻って来たモンスターコントロールはどちらが得ますか?
A:エンドフェイズコントロールが戻るため、相手コントロールを得ます。
  次の自分スタンバイフェイズに、除外したモンスター相手フィールドに戻します。(10/08/29)

Q:このカード《エネミーコントローラー》チェーンされ、対象モンスターコントロール相手に移った場合、対象モンスター除外されますか?
A:いいえ、効果処理時対象自分フィールドに存在しない場合、除外されません。(12/04/19)

Q:このカード効果自分エクストラモンスターゾーンに存在するモンスター除外した場合でも、除外されている間そのエクストラモンスターゾーンは使用できなくなりますか?
A:はい、使用できなくなります。(17/03/26)

Q:このカード除外したモンスタースタンバイフェイズに戻ってくる際、戻す位置はこのカードにより使用不可となっていた位置である必要がありますか?
A:はい、必ず使用不可となっていた位置に戻す必要があります。(17/07/01)

Q:エクストラモンスターゾーンモンスター除外した場合、スタンバイフェイズにそのモンスター戻す際はどのような処理になりますか?
A:フィールドには戻らず、墓地へ送られます。(17/07/01)


Tag: 《ワーム・ホール》 魔法 通常魔法

広告